すべては「会員皆様の笑顔のために」 - グーネット自動車流通

2021年9月28日 [火曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

我が社・商組のNo1(2017年度)

我が社・商組のNo1  年間MVP 個人賞 愛知県中古自動車販売商工組合
愛知県中古自動車販売商工組合   オークション事業部・営業推進課
谷内大輔 課長

すべては「会員皆様の笑顔のために」
 今回のMVPは、オークション事業部・営業推進に所属、JU愛知の中で「もっとも熱い男」と呼ばれ、会員の皆様から圧倒的信頼を得ている谷内大輔氏。昨年末に行なわれたJU愛知MVPに選ばれた要因を聞いてみた。

■会員の皆様に何ができるのか
 オークション事業部・営業推進では、ディーラー・大手買取店・リース会社を担当、4人の部下の育成も行なっている。入社して24年のキャリアの中で、検査やクレームの部署を歴任、それぞれ責任者のポジションで経験を積んだ。現在の部署では担当する会員への訪問を軸に、市場動向の提供や保有車両の状況を確認、適切なアドバイスを行いながら、オークションへの出品促進を行なっている。
 常に気に掛けているのは「JU愛知は会員の皆様に何ができるのか」、JU愛知のやりかたを押し付けるのではなく、会員のニーズにあわせた型をスピーディーに具現化がすることを信条としている。その為に必要なのは「信頼関係」と谷内氏は語る。信頼関係を得ることで、相手の本音を聞くことができ、問題解決の手助けをすることにつながる。

■全力でやりきることが最大の礼儀
 谷内氏は過去に、中途半端な対応からクレームとなった時、担当者から言われた「責任はこちらで取る、谷内さんに全て任せるので、全力でぶつかってきて欲しい」という言葉が今でも心に大きく残っている。中途半端な対応では相手に迷惑を掛けている。それ以降、いかなる場合でも全力を出し切ることを心掛け、実践している。谷内氏の「熱い男」はここが原点となっている。会員に対してはもちろんのこと、部署間の分け隔てなく常に全力を出し切る姿は、いつしか「もっとも熱い男」として認められるようになった。

■JU愛知の更なる飛躍のために
 年末の表彰式の場で谷内氏は「来期は変革の時期、JU愛知は変わらなくてはいけない」と話した。オークション業界を取り巻く環境は決して楽観視できるものではない。現在のJU愛知は出品台数では全国JU系で第2位、成約率に至っては毎開催75%を超える高実績となっている。だからこそ、次のステージに上るために変革の必要性を訴えた。
 また、所属している部署でも率先して変革を行なっており、出品表に一工夫するなど、業界の常識にとらわれない取り組みを推進している。
愛知県中古自動車販売商工組合 推薦者 職員一同  
休日は奥さんと一人娘を大事にする良いパパに変身
愛知県中古自動車販売商工組合
●住所海部郡飛島村大字新政成字戌之切932-1
加藤 勝義 理事長 加藤 勝義 理事長
●連絡先 0567-55-2221
●理事長加藤 勝義