TVオークション事業において顧客満足向上を実現したVUC運用グループがMVPを受賞 - グーネッ…

2021年9月28日 [火曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

我が社・商組のNo1(2017年度)

我が社・商組のNo1  年間MVP部門賞 株式会社オークネット
株式会社オークネット
VUC運用グループ

TVオークション事業において顧客満足向上を実現したVUC運用グループがMVPを受賞



VUCについて責任者を務める関根利至GMに話を聞いた。

■はじまりはお客様の声
 VUC(バリューアップセンター)は、出品車両の価値を上げ、TVオークションへ簡単に出品できる「仕上げの場」として、全国7ヶ所に展開する車両置場。平成26年11月に千葉(2ヵ所)と岐阜からスタートし、現在は、宮城・愛知・大阪・福岡に展開している。VUC設置は、TVオークションへの出品手続きを代行してほしいという会員店様の声がきっかけだった。その声に応え、喜んでいただける取組みを発展させたのが、現在のVUCとなっている。

■車両価値向上が顧客満足向上に
 現在、VUCは内外装のクリーニングはもとより、軽微な加修も行っている。車両評価点をできるだけ安価な費用で向上させるため、加修が必要なダメージをピンポイントでお伝えできるようになっている。トラックで多い看板の剥離にも対応しており、トラックの入庫も増えている。加えて出品補助として、出品車のセールスポイントの提案や追加写真の撮影も行い、出品車の価値向上に努めている。出品車画像は最大30枚の掲載が可能であり、セールスポイントはもちろん、出品票の展開図に記載された目立つダメージの写真も掲載するなど、出品店様・落札店様の双方に喜んでいただいている。VUCからの出品車両は、出品地区が「千葉C」など、「〇〇C」となっており、良質車が多いことが落札店に認知されており注目度が高い。VUCを通じて評価点がアップしたケースや落札価格が上がったこともあり、継続してご利用いただける会員店様が多く、出品も増加している状況である。利用条件も無く、1台からの出品が可能で、ディーラーに限らず専業店にもご利用いただいている。

■ニーズを具現化、役立つサービスを
 VUC運用グループの役割は、出品店様の代わりに最善の状態でTVオークションへ出品すること。会員店様に役立つ取組を進めていきたい。
VUCを始めて、3年半経つが、スタッフ13名の熟練度も上がってきた。更にVUCの利便性を高めていきたい。

株式会社オークネット 代表取締役社長 藤崎 清孝
選考理由
関根利至GM