ドバイでのオークション事業順調に推移 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)5月23日 [水曜日] 赤口 |  サイトマップ サイトマップ

ドバイでのオークション事業順調に推移

企業・団体 2018年05月14日
国内企業の出品代行事業を開始
会社名:名古屋ダイハツ・三河ダイハツ

 名古屋・三河ダイハツ(愛知県名古屋市・坪内孝暁社長)がアラブ首長国連邦(UAE)で展開しているドバイ初の屋内型会員制中古車オークション会場「DAA」の事業が注目されている。

 同会場は自動車再輸出入ビジネス専門のフリーゾーン「DAZ(Dubai Auto Zone)」に2017年10月オープン、150名がセリに参加可能、冷暖房を完備、快適な環境を整えている。また、会場の運営は中古車輸出のクエタトレーディング、現地資本のアルゾヘイブモータースとの3社で設立した合弁会社にて行なっている。

 オークションは週6日開催、出品車両は毎開催約50台、月間では約1200台となっている。主に名古屋ダイハツ・三河ダイハツの下取り車両や日本国内のAA会場にて買い付けをした車両で、成約率は毎開催80%~90%と高水準となっている。現状では中東やアフリカ主要国への輸出向けに、バイヤーが積極的に買い付けに訪れている。

 近年、上質な日本車の人気が高く、各国への中古車輸出は増加傾向にある。日本中古車輸出業協同組合によると2017年の総輸出台数129万7660台の内、UAEへの輸出台数は11万6000台を超えている。UAEを経由して中東、アフリカ各国へ輸出されていることから、UAEは中古車流通のハブ拠点としての重要な役割を持っている。

 また、同社は「DAA」への出品代行事業を始めると発表した。中東やアフリカ各国に輸出を希望する国内企業を募り、代行にて「DAA」に出品をする。代行事業は、輸出手続きから決済まで代行するコースからドバイ着港後から決済まで代行するコースまで、3段階を用意する。同事業の開始により、月間1200台の出品台数を倍増したいとしている。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系