中古車輸出マーケット(バングラデシュ編) - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)7月23日 [月曜日] 仏滅 |  サイトマップ サイトマップ

中古車輸出マーケット(バングラデシュ編)

企業・団体 2017年07月11日
6月より輸入税が増税
会社名:キングスオート
チャッタゴン港のヤード風景

チャッタゴン港のヤード風景

拡大拡大する

 中古車輸出台数が常に上位にランクされているバングラデシュは、1971年12月パキスタンから独立、イスラム教を主たる宗教とする国である。国土は北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接し、南はベンガル湾に面する。 人口は2015年10月の統計で1億5940万人、面積は14万7千平方キロメートル(日本の約4割)、首都はダッカ。

 日本中古車輸出業協同組合がまとめた中古車輸出統計によると、日本からのバングラデシュ向け中古車輸出台数はアジア圏で常にトップ10に入る。しかし、今年6月2日に輸入税の変更が発表され、車種によって異なるが、変更前との比較で輸入税が10万円から100万円ほど高くなった。現在、政府とバングラデシュ現地の中古車輸入組合の間で輸入税の変更について協議が行われているようだが、今回の増税によってバングラデシュ中古車市場はかなり冷え込むと思われる。

 バングラデシュ向け輸出車両としては一般的に乗用車が多く、特にトヨタ・プレミオ、アリオン、カローラアクシオなどが人気である。ただし年式規制があり、現在は2012年以降の製造車両のみ輸入可能となっている。現在断食(ラマダン)明け大祭の時期(6月下旬から7月上旬)で、バングラデシュ全土で7日間から10日間前後の大型連休となり、中古車市場は活発ではない。市場動向として7月下旬から徐々に上向くだろうと予想されている。


[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:116% 平均落札:629千円
  • ホンダ CR-V / RE3, 4 前月比:113% 平均落札:589千円
  • 日産 フェアレディZ / Z33系 前月比:112% 平均落札:540千円
  • 三菱 パジェロ / 80, 90系 前月比:111% 平均落札:1,514千円
  • スバル インプレッサXV / GP系 前月比:109% 平均落札:1,517千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系

急落車種TOP5

  • マツダ ビアンテ / CC系 前月比:87% 平均落札:571千円
  • ホンダ オデッセイ / RB3, 4系 前月比:88% 平均落札:619千円
  • トヨタ ランドクルーザー100 / 100系 前月比:89% 平均落札:1,323千円
  • トヨタ プレミオ / 260系 前月比:91% 平均落札:947千円
  • トヨタ ノア / 70系 前月比:92% 平均落札:694千円

マツダ ビアンテ / CC系
マツダ ビアンテ / CC系