次年度事業計画を発表 - Goo-net自動車流通

2017年(平成29年)5月25日 [木曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

次年度事業計画を発表

整備 2017年02月09日
継続検査OSSへの対応軸に
会社名:日本自動車整備振興会連合会
記者発表会で挨拶する日整連木場専務理事

記者発表会で挨拶する日整連木場専務理事

複数画像有

拡大拡大する

 日本自動車整備振興会連合会(日整連・橋本一豊会長)は2月7日、「平成29年度の事業計画」および「平成28年度自動車分解整備業の実態調査結果」について、自動車整備記者説明会を開催した。

 平成29年度の主な事業項目は、「業界振興・活性化対策、業界健全化対策、法制・税制対策、ICT化促進対策、環境保全・省資源対策、自動車使用者対策、整備技術の向上対策、自動車整備技能登録試験対策」等の全12項目となった。

 今年度より取組む新事業として、続検査手続きのワンストップサービス(OSS)、新FAINESの運用、整備事業場におけるCO2削減、全日本自動車整備技能競技大会の開催、外国人技能実習制度への対応、継続検査OSSへの対応などについて検討を始める。

 整備業界の実態把握に関する調査は、通常2割程度の会員を対象としているが、今年度は全会員工場(9万2061事業場)を対象とした。本調査は、自動車分解整備業の現状および経営状況などの実態を把握し、同事業の健全な発達に資する方策の基礎資料として活用することを目的に毎年実施されている。
 
同連合会の木場専務理事は「整備業は厳しい環境の中、人材難など様々な課題を抱えている。こうした中、我々整備業は、地域のクルマ社会を守り、地域を支えるために様々な取組を行っているので、今後もご支援をいただきたい」と話した。

 自動車分解整備業の実態調査結果の発表で、総整備売上高は、前年度と比較すると1189億円減(2.2%減)の5兆3944億円となり2年連続で減少した。




[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

TC-webΣ

ガレージカメイ

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

整備関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系