4月20日から「スバルコーナー」をスタート - グーネット自動車流通

2021年9月17日 [金曜日] 赤口 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

4月20日から「スバルコーナー」をスタート

オークション 2021年04月27日
初回は出品台数598台、毎週開催の定番コーナーに
会社名:TAA近畿
スバルコーナー出品車は葛原ヤードを中心に収容された

スバルコーナー出品車は葛原ヤードを中心に収容された

複数画像有

拡大拡大する

 TAA近畿(大阪府寝屋川市、北口武志社長)は4月20日開催のオートオークション(AA)から、「スバルコーナー」をスタートした。同コーナーは毎週開催の定番コーナーとして展開する。初回の「スバルコーナー」と「スバルMAX10コーナー」の出品台数は臨時ヤードを含む598台に上った。スバルMAX10が98%、スバルが83%の高成約率で、活発なセリを展開した。

 当日の総出品台数は4002台に上った。このうち3199台を成約し、79.9%の高成約率を記録するなど、「スバルコーナー」のスタートが全体にも好影響を与えている。

 「スバルコーナー」に267台、「スバルMAX10コーナー」に108台、「南港スバルコーナー」に50台、「南港スバルMAX10コーナー」に173台を集荷した。同会場では4月6日開催の「花まつり」で歴代最多出品台数4463台を集荷するなど、増大する出品台数に対応するため、南港臨時ヤードを運用している。当日も「スバルコーナー」のほか、「南港MAX10コーナー」などで同ヤードを使用した。

 4月20日と27日の臨時施策として「スバルコーナー」落札1社1台分について陸送費5000円支援を打ち出したほか、「スバルコーナー落札賞」(1社1個まで)も用意した。

 同コーナーは、毎週開催の定番コーナーとして展開するが、出品店は全てスバル系ディーラーで、オークションデビュー車(初出品車)も多く集まる人気コーナーとして展開される。今後は毎週150~200台規模の出品台数を安定的に確保したい考え。

 全国TAA会場では4月から、近畿のほか、東北と広島、四国、愛媛サテライト、仙台ヤードで同コーナーがスタートした。2020年4月からは中部、同11月からは九州、南九州の2会場ですでにスタートしている。近畿以外は隔週開催で展開する。

TAA近畿 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること