「アフリカマーケットリサーチサービス」提供開始 - グーネット自動車流通

2021年5月16日 [日曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

「アフリカマーケットリサーチサービス」提供開始

企業・団体 2021年04月15日
アフリカ販売したい商品の市場調査が可能
会社名:ビィ・フォアード

 ビィ・フォアード(東京都調布市、山川博功社長)は、アフリカに進出を検討する企業様などに、現地在住の約14万人のBE FORWARDサポーターズに、販売したい商品への「生の声」を聞くことができる新サービス「BEFORWARDアフリカマーケットリサーチサービス」の提供を開始した。

 同サービスは、これからアフリカ進出や販路拡大を考える企業の商品を、同社の中古車を個人で販売する現地在住の代理業者、約14万人の「BE FORWARDサポーターズ」がアンケートに回答するなど、 実際に使用した商品へのリアルな声を聞くことができるアフリカの市場調査サービス。企業の要望や商品特性をヒアリングして、アンケート集計、インタビューの内容をまとめたレポート、現地の人が実際に使用するシーンの撮影など、調査対象や内容などの要望に応じて様々なプランを提案する。

 提供の背景には、日本が少子高齢化による生産年齢人口の減少など、様々な要因で消費購買力が低下し市場が年々縮小の傾向にあるが、対照的にアフリカでは人口が増加傾向にあり、インフラの整備に伴い、生活者の生活水準が向上したことにより消費購買力も上昇し、市場の拡大が続いている。そのためアフリカ市場へ販路拡大を目指す企業が増加傾向にあるが、新型コロナウイルスの影響から、アフリカでの展示会を行う機会が減少し、海外顧客の声を聞く場を作ることが困難になり、アフリカ進出に踏みとどまる企業が少なくない。

 同社はこれまで世界205の国と地域、約300万人の顧客に対して中古車を販売する中で、販売ルートの構築や現地エージェントの設立、そして支援する「BE FORWARDサポーターズ」を増やしてきた。そのリソースを活用し、アフリカ進出と販路拡大を考える企業に現地の声を届けることで、マーケティングの一助になると考え、提供を開始することとなった。
 

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること