新春初荷は出品、成約とも今年度最多台数 - グーネット自動車流通

2021年3月3日 [水曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

新春初荷は出品、成約とも今年度最多台数

オークション 2021年01月21日
成約率も7割超、新年早々活気溢れるセリ
会社名:IMA九州
小美濃社長が新年の挨拶を述べた

小美濃社長が新年の挨拶を述べた

複数画像有

拡大拡大する

 IMA九州(福岡県古賀市、小美濃洋社長)は1月14日、「新春初荷・神戸会場4周年記念モーターオークション(MA)」を開催した。出品台数528台と成約台数378台はともに今年度最多台数という活況で、成約率も71.6%の高率だった。

 セリ開始前のセレモニーでは、例年新春初荷MAで行っていた優良会員表彰式や乾杯は新型コロナウイルス感染拡大防止のために自粛した。
 小美濃社長が挨拶に立ち「夜明け前が一番暗いと言われるが、年明けから明るい話題も上がってきている。ワクチン接種のスタートや政府による経済対策など、今年の春先以降は市場が好転する要素も増えてくる。景気回復の『波』に乗れるよう、今から準備を進めるとともに、会員の皆様の声に応えていきたい」と力を込めた。

 当日からは「車台番号不鮮明コーナー」(月2回特設)がスタートした。同会場では16台が出品されたが「会員の皆様の販売チャンス拡大のため、まずはやってみると、踏み出した。1つひとつ会員の皆様の声を聞きながら、ご商売に役立つオークションを展開していきたい」(渡彰弘会場長)とする。トラックの場合、フレームに車台番号が刻印されていることから、腐食などにより、車台番号が読み取れないなどのケースが多く見られた。出品店がオークション会場に持ち込んで初めて判明するケースも多く、こうした場合は出品受付不可というのが、これまでの業界スタンダードだった。同社では、いすゞのグループ会社という製造側のスタンスで、トラックの二次流通の受け皿を拡大するため、こうした特設コーナーを新設した。

 一方で、新型コロナウイルス感染拡大の第3波と言われる中で、同会場では昨年末、ポス席の間仕切り(パーテーション)を設置した。「会員の健康と安全のため、できる限りの対策を講じていきたい。また、社員を守ることも会社の責任」と、緊急事態宣言発令を受け、これまで以上のコロナ対策を徹底しながら、トラックの中古車流通の場を守っていく考えだ。

IMA九州 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること