特設「旧車現状コーナー」は60%に迫る高成約率 - グーネット自動車流通

2021年3月3日 [水曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

特設「旧車現状コーナー」は60%に迫る高成約率

オークション 2021年01月19日
会社名:JU岐阜羽島オートオークション
今開催ではレストア済の旧車が多数出品された

今開催ではレストア済の旧車が多数出品された

複数画像有

拡大拡大する

 JU岐阜羽島オートオークション(岐阜県羽島市、熊﨑尚樹社長)は、1月16日、今年度3回目の「旧車現状コーナー」を特設した。当日は東海圏を中心に近隣エリアから43台が出品、成約率は60%に迫る好結果となった。

 同コーナーはモデル年式1993年までの譲渡書類がある、国産・輸入車が対象となっている。今回の開催ではカローラレビン(AE86)やスカイライン(HR31)、フェアレディZ(HS130)などのスポーツタイプの車両が多数集荷されたほか、クラウン(MS41)やセドリック(Y31)などの往年の名車、マツダ三輪トラックのような希少車が集まった。また、今年度3回目の開催ということもあり、旧車、希少車を求めるバイヤーへの認知度が向上、活発な応札が続き、コスモスポーツ(L10A)の680万円、スカイライン(HGC211)の290万円など高額落札につながった。 

 会場関係者は、「前回に引き続き、希少な車両を多数出品していただき大変感謝している。開催を重ねることに次の開催を望む声が大きくなってきている。今後も出品店、落札店ともに満足してもらえるよう取り組んでいきたい」と語った。
 

JU岐阜羽島オートオークション 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること