輸入車市場として個性ある取り組みを進めていく - グーネット自動車流通

2021年1月27日 [水曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

輸入車市場として個性ある取り組みを進めていく

オークション 2020年12月22日
2020年は独自色の具現化と最高出品数と最高成約率記録
会社名:ZIP東京
松本社長

松本社長

複数画像有

拡大拡大する

 ZIP東京(東京都江戸川区、松本伸社長)は12月19日、JAA会場(東京都江戸川区)にて通常AAを開催した。

 同会場は12月の全4開催を「クリスマスフェスタ2020」と題し、クリスマスに因んだ企画を実施。同開催では来場賞にお菓子の詰め合わせを進呈し会員を迎えた。

 開催に先立ち催されたセレモニーでは「今月の平均成約率は約64%、平均成約単価170万円となり熱く活況なオークションを開催させていただいている。それはディーラー店様や買取店様、そして多くの小売店様から魅力的でフレッシュな出品車両をいただき、多くのバイヤー様から非常に熱い応札を毎週いただいている所以」と謝辞が述べられた。続けて「本日においては多数のディーラー店様、小売店様、そしてヤナセより非常に魅力あふれるクルマを全てのコーナーに満遍なく出品いただいており、目の離せない出品構成となっている。来週はファイナル開催として輸入車全車流札時出品料5000円とし開催する」と紹介した。

 2020年について松本社長は「読めない一年だった」と話す。松本社長が同社代表に就任した直後に政府は緊急事態宣言を発令。日本国内において初の同宣言を受け、世間の緊張も一段と高まり先行き不透明な中、松本社長は難しい舵取りを強いられた。
 その中で松本社長はZIPの特色を活かした「メルセデスベンツ正規ディーラーコーナー」を特設し、独自の取り組みを形にした。また、今年の6月に最高成約率83.3%、同9月には最高出品数505台と、昨年5月に移転開設した以降で最高となる実績も記録した。

 松本社長は来年に向けて「小売店や買取店、ヤナセをはじめとした輸入車ディーラーの会員皆様に喜んでいただける輸入車市場として個性ある取り組みを、東京と大阪が一丸となって取り組んでいく」と抱負を語った。

 当日のセリ結果は出品252台、成約158台、成約率62.7%、平均成約単価139万円の好結果を収めた。

ZIP東京 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること