関商工にて教育活性化事業を実施 - グーネット自動車流通

2021年1月18日 [月曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

関商工にて教育活性化事業を実施

企業・団体 2020年12月04日
コロナ禍の中、感染対策を徹底して開催
会社名:岐阜県中古自動車販売協会・商工組合
教育活性化事業は今年で6回目を迎えた

教育活性化事業は今年で6回目を迎えた

拡大拡大する

 岐阜県中古自動車販売協会・商工組合(岐阜市日置江、横山隆仁会長・理事長)中濃支部は12月3日、関市立関商工高等学校にて、教育活性化事業を実施した。当日は、機械科2年生76名が参加、自動車産業界における現状と将来展望や自動車メンテナンス基本技術などの講義が行われた。

 人口減少、少子高齢化、若者のクルマ離れなど、自動車業界を取り巻く環境は楽観視できないと考える同協会では、教育活性化事業を積極的に展開、今後の進路選択の参考にしてもらい、後継者不足、クルマ離れが問題視されている業界への人材投入を視野に入れている。

 同事業は今年で6回目となり、今年は76名が参加、毎回受講者に興味を持ってもらうため、趣向を凝らした内容となっている。また、講義に先駆けて寄贈式を実施、今回のプロジェクトでリーダーを務める小川悟氏よりエコラン部にエコランカー大会用エンジン2基が寄贈された。

 講師にはJU岐阜より専任スタッフ20名程度が参加。講義内容は、自動車メンテナンスの基本技術としてタイヤ交換の体験、タブレットを使用した車両診断、運行前点検などの他、地元ディーラーの岐阜トヨタ自動車、トヨタカローラ岐阜と連携、水素自動車やハイブリッド車の構造説明などが行われた。

 取材の場で小川プロジェクトリーダーは「新型コロナウイルスの感染が広がる中、実施したいという思いは強く、感染対策を徹底することで、開催にたどり着くことができた。生徒の皆さんには、講義に参加することで、自動車に興味を持ち、自動車業界に将来携わってもらいたい。また、教育活性化事業は中濃支部のみで実施しているが、今後は岐阜県全域に広げていきたい」と述べた。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること