新春初荷から「車台番号不鮮明コーナー」スタート - グーネット自動車流通

2021年1月26日 [火曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

新春初荷から「車台番号不鮮明コーナー」スタート

オークション 2020年12月03日
同社初の試みとして、3会場で月2回特設開催
会社名:いすゞユーマックス
腐食などにより車台番号が判読不明な事例

腐食などにより車台番号が判読不明な事例

複数画像有

拡大拡大する

 いすゞユーマックス(東京都品川区、小美濃洋社長)は来年1月13日以降開催するIMA(いすゞモーターオークション)3会場の新春初荷オークションから、「車台番号不鮮明コーナー」を新たにスタートする。会員各社の販路拡大が目的で、これまで車体番号が判別不能でオークション売買ができなかった車両を同コーナーで取引可能とする。IMA開設以来、初めての取り組みとして、当面は各会場で月2回開催の特設コーナーとして展開する。

 同社では「トラックを製造・販売するいすゞ自動車のグループ会社として、トラックユーザーのための入口から出口までを用意することがメーカー系オークションとしての重要な役割と考えている。これまでは車台番号が不鮮明だったことで、せっかく搬入していただいた出品車をお断りするケースもあった。会員のビジネスチャンスを拡大することが大きな狙い」(伊藤武司常務執行役員)と、同コーナー新設の意義を説明する。

 同コーナーの開始は13日の東京会場を皮切りに、14日の九州会場、15日の神戸会場で連続開催するほか、当面は月2回開催の特設コーナーとして運用していく考えだ。

 出品対象は、車台番号が不鮮明な車両全般。腐食などにより車台番号が判別不能となった車両もオークションで取り扱う。同コーナー限定の運営ルールやコーナー規則、誓約書なども用意する。会員各社が円滑に新規コーナーを活用し、更なるビジネスチャンス拡大につなげていく。

 主な運営ルールは①書類の事前提出、②誓約書提出、③一時抹消登録完了、④応札は、会場POS・不在入札、ima-netライブ・不在入札に限定、⑤重大なクレーム、重要箇所を除き原則ノークレームなど。詳細は同社インターネットホームページなどに記載のコーナー規則を参照。

 11月30日には、IMA神戸で記者発表会を開催した。検査部門などを担当する伊藤常務執行役員のほか、瀬野知介IMA神戸会場長、西日本支社営業推進部の渡辺喜満部長が出席し、万全のコロナ対策を実施した中で、今回の施策をマスコミ各社に説明した。

IMA東京 IMA神戸 IMA九州 ima-net(アイエムエー・ネット)
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること