21日、「メルセデスベンツ正規ディーラーコーナー」を初特設 - グーネット自動車流通

2021年1月21日 [木曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

21日、「メルセデスベンツ正規ディーラーコーナー」を初特設

オークション 2020年11月20日
良質の輸入車を供給し輸入車全体を盛り上げる
会社名:ZIP東京
良質の輸入車が並ぶZIP東京会場

良質の輸入車が並ぶZIP東京会場

複数画像有

拡大拡大する

 ZIP東京(東京都江戸川区、松本伸社長)は11月21日、JAA会場(東京都江戸川区)にてイベントAA「メルセデスベンツ正規ディーラーコーナー特設」を開催する。

 「メルセデスベンツ正規ディーラーコーナー」は、メルセデスベンツのディーラーネットワークから良質の輸入車を供給することを目的とし、今回初めて設置する。

 松本社長は「ZIPはディーラーの良質車が多いという強みを活かしていく。『輸入車を見るならまずZIP』と思っていただけるよう取り組んでいく」と話す。

 ZIP東京は外部応札が約8割を占める中、成約率が80%を超える開催もある。外部応札率と成約率を考慮すると検査と出品車の質が良い証が見て取れる。直近の開催では出品店も増え、フェラーリやポルシェ等、他ブランドの華のある出品車も出始めており、バラエティに富んだ車種構成になりつつある。

 一方で「30MAXコーナー」も出所が確かな出品車として活発な応札が展開され、人気を博している。

 松本社長は「クオリティが高く、良いクルマ、良いサービスという特色を如何に出していくか」を課題に挙げる。既に社員研修も推し進めている。運転場面による感情コントロールを分析し、人をより理解する研修を行うなどサービス向上に繋げるべく取り組んでいる。 会員から「“ZIPは信頼できる”との声もいただいている」という。

 今後もステータスの高い「エグゼクティブコーナー」の特設など、会場の特色を活かす取り組みを考えている。ZIP東京は着実に歩みを進める中、スピード感をもって会場運営に、特色づくりに取り組んでいく。

ZIP東京 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること