強みを軸に会員3000社を目指す - グーネット自動車流通

2021年1月21日 [木曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

強みを軸に会員3000社を目指す

オークション 2020年11月18日
ユーマックス創立21周年記念MA開催
会社名:IMA東京
挨拶に立つ小美濃社長

挨拶に立つ小美濃社長

複数画像有

拡大拡大する

 いすゞユーマックス(東京都品川区、小美濃洋社長)は11月11日、いすゞモーターオークション東京会場にて「ユーマックス創立21周年記念MA」を開催した。

 当日のセリは出品671台を集め、成約333台、成約率49.6%、平均成約単価135万3000円となった。

 開催に先立ち挨拶に立った小美濃社長は「1999年の創立以来、21年を迎えることができた。1999年を振り返ると当時、ニューヨーク株式市場の1万1000ドル突破が話題になっていた。現在では3万ドルを伺う状況にある。また欧州の統一通貨ユーロが誕生した年でもある。こうしてみると現在はコロナが一時的に暗い影を落としているが、長い視点で見れば世界はますます繋がり、経済は確実に拡大していくと考えている。ユーマックスもコロナ後の世界をしっかり見据え、皆様と一緒に発展していきたい」と述べた。続いて大東泰敏会場長が当日のセリおよびイベントを紹介した。

 当日は記念開催を受け来場賞にユーマックス特製21周年記念瓦せんべいを、取引2台賞にはネックウォーマーと手袋を進呈した。

 取材の場で大東泰敏会場長は「出品台数以上に、出品店数は増えている。一社一台からの出品店が増えており、多くの会員に利用いただいている」と話す。市況については「国内のトラック流通も良く、引き合いは多い。輸出も東南アジアで動いている。低年式車の増加に合わせ外国人会員も増えている」と話した。

 同会場は新型コロナウイルス感染防止対策を引き続き徹底。会場入口での体温計測や場内の密防止を実施している。この環境を受け、来場者数も戻りつつあり、新規会員も毎月増加している。

 大東会場長は「会員数3000社を目指している。新型コロナ感染拡大以降は電話営業であったが、今後は対面営業に戻していく。現在は14、15年落ちのトラックも活発に取引されているが、国内小売り向けの車両に長けていることは認知を得ている。今後は新コーナーも考え、会員様のニーズに応えていきたい」と話した。

IMA東京 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること