4500台超えのビッグ開催、新規搬入比率も85%を超え活況なセリ - グーネット自動車流通

2020年11月26日 [木曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

4500台超えのビッグ開催、新規搬入比率も85%を超え活況なセリ

オークション 2020年11月17日
開設21周年記念AA開催
会社名:CAA東京
壇上にCAA東京各部門の室長が登壇

壇上にCAA東京各部門の室長が登壇

複数画像有

拡大拡大する

 CAA東京(千葉県柏市・永谷敏行社長)は11月10日、「開設21周年記念AA」を開催した。

 当日のセリはCAA東京会場歴代3番目となる4541台を集荷。昨年に節目として迎えた開設20周年記念開催でも3641台を集めるビッグオークションとなったが、今開催では前年をも大きく上回り、2004年の開設5周年記念の4688台に迫る出品数を記録した。また、セリ結果も成約3188台、成約率70.2%、平均成約単価47万6000円の高結果を収めた。

 CAA東京会場は今年度上半期のAA開催において、1開催の平均出品数・平均成約率が前年同期を上回る実績を挙げている。今開催では同会場の三本柱として人気を博している「レンタ・リースUP」「初出品」「軽初出品&軽」コーナーも最高出品数を記録。前日の下見来場も増え、注目度が高まっている。

 イベントも盛大に実施。流札時の出品料を全車無料とした他、出品台数賞や出品落札取引賞を用意。出品3台以上賞には特選焼き肉セット3㎏を、来場POS登録では人気の「ギャレットポップコーン」を抽選結果次第で2ガロンを進呈するなど会場を盛り上げた。

 三宅享取締役は「出品店と落札店に注目される会場になった。出品車の質が良くなったことを受け、取引会員の地域も拡大し、新規会員も増えている」という。また「今年度期初はコロナ禍に見舞われ運営上の制限もあった。その中でスタッフは出来ることを考え、ベストは何かを模索し取り組んだ。幸いにも東京会場は場内の広さ、換気の良さにも恵まれた点もある。何よりも杉浦会場長が着任してからスタッフの意識も変わり、自信を持って行動している」と話した。

 杉浦弘将会場長は「ここで勝負しようと考えて出品してくれる車が増えている。今開催も新規搬入車は85%を超えている。良質車を出品いただくことで落札店も増え、しっかり競り上がり相乗効果へと繋がっている」と話す。また4500台を超える出品については「周年開催だからといって集めるために集めた訳ではない。目標は昨年実績超えに据えていたが、会員様から大きな期待をいただいた結果。運営、取り組みは『誰のためか』が重要であり、引き続き考え、大切にしていきたい」と話した。

CAA東京 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること