検査員はここを見る!ガラスのチェック - グーネット自動車流通

2020年10月21日 [水曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

検査員はここを見る!ガラスのチェック

整備 2020年09月25日
会社名:ジャッジメント

 ガラスのチェックにおいて見逃してはいけないのが“割れ”です。たとえそれが小さなものであっても、ちょっとした振動で大きく拡がる恐れがあります。オークションの出品検査においては、車両陸送時の振動で割れが“成長してしまう”可能性を考慮し、念入りにチェックされます。

◆まず黒い影を探す
 ガラスの代表的なダメージ『飛び石跡』『割れ』は、いずれもガラスが欠損したものです。 その違いは『欠損の深さ』にあります。 自動車のフロントガラスは、日本の保安基準にて『合わせガラス』が義務付けされています。合わせガラスは、二枚のガラスの間に“中間膜”と呼ばれる透明なフィルムを挟むことで室内側へガラスが飛散しないよう処理されたものです。このフィルムまで『亀裂』が達すると、光の屈折により『黒い影』が生じるのです(画像①)。そしてこの黒い影が出てしまっているものを『割れ』として扱います。 
 
周囲の景色を上手く利用する
 『黒い影がないか?』を確認することが割れをチェックする基本ですが、この黒い影を探すのに有効なのが『車内側からのチェック』です。査定検査の手順として車内側から動作チェックや、内装チェックを行うのですが、このタイミングでフロントガラスにも目を向けてみましょう。日中の時間帯であれば、明るい景色と黒い影のコントラストが強まるので、車外側からの確認よりも発見がしやすくなります(画像②)。
 
“黒セラ”は要注意エリア
 車に採用されたガラスは、フチの部分に黒くなっている部分があります。これは黒セラミック(黒セラ)と呼ばれ、ガラスを取り付けるのに塗布された接着剤を紫外線から保護する役割があります。このエリアに割れが生じると影が黒セラと同化してしまう為(画像③)、見落とす危険性がぐっと高まってしまいます。ガラス底辺部の黒セラには、ワイパーもある為、丁寧な確認が求められます。
  
“割れ”は傷やへこみよりも評価が厳しい
 前述のとおり『割れ』は振動が加わることで、意図せず拡がる危険性があります。その為、オークションでは『交換を要す』重度の外装瑕疵として評価点へ反映されてしまいます。 高年式、低走行の高評価点を期待できる車両を査定する際はぜひ注意してください。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

整備関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること