歴代最高成約率90.7%を記録 - グーネット自動車流通

2020年10月29日 [木曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

歴代最高成約率90.7%を記録

オークション 2020年09月17日
6月開催以降の平均成約率は驚異の87.5%に
会社名:TAA横浜
ポス席にパーテーションを設置、感染防止対策を徹底

ポス席にパーテーションを設置、感染防止対策を徹底

複数画像有

拡大拡大する

 トヨタユーゼックが主催するTAA横浜会場(横浜市中区・北口武志社長)が好調だ。

 緊急事態宣言解除後の6月以降、平均成約率は87.5%の高実績を記録している。特に7月25日開催において横浜会場初となる成約率90%超えの90.5%を記録。また9月5日開催では歴代最高成約率となる90.7%の成約率を記録するなど活発な取引が続いている。

 千葉玄彦会場長は「成約率は出品店様が売るかどうか、落札店様が買うかどうかであり、成約率は両者が商いの場として利用いただいた結果であり、お客様の期待の表れ。出品数はもちろん大事だが、TAAが大切にしているものは中味。出品店様には少しでも高く売れる、落札店様には欲しいクルマが手に入るという環境を整えていくのがオークション会場の務め」と話す。

 TAA横浜会場の強みはスタッフにある。「開設時の成約率は50%台であった。横浜会場には立ち上げ当初の苦労を知るスタッフが多く、その経験を大切にしている。また、スタッフの間でも指摘し合い、ダメと言うだけではなく、あるべき姿を考え話している。スタッフの各個人は向上心も強く、よく考えている」(千葉会場長)。

 この一つの例とも言えるのがポス席に設置したパーテーションの工夫。来場会員から「アクリル板の角が気になる」との声を聞くと、翌週開催までに全角に青いテープを貼った。ケガの防止にもなれば、青色が目に入るため注意喚起にも繋げている。

 TAA横浜会場は10月上旬に4レーンから8レーンに変更する。8レーン化と同時にコーナー編成も予定しており、より売りやすく買いやすい会場を更に目指していく。

TAA横浜 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること