中古車輸出プラットフォーム「TCV」との業務提携を発表 - グーネット自動車流通

2020年2月19日 [水曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

中古車輸出プラットフォーム「TCV」との業務提携を発表

企業・団体 2020年02月12日
共有在庫データベースを連携し販売チャンネル拡大
会社名:エル・エー・ピー
LAPとTCVが業務提携

LAPとTCVが業務提携

複数画像有

拡大拡大する

 シティライトグループのエル・エー・ピー(岡山市南区、丸山明社長)は2月12日、TCV(東京都港区、須崎和延社長)との業務提携契約締結について発表した。同社が提供する次世代自動車ビジネスwebサービス「LAPネットワーク」に掲載されている車両データベースをTCVが運営する中古車輸出プラットフォーム「TCV」と連携する。

 LAPは会員制の自動車販売店支援サービス。各種サービスを通じて、販売店の収益増や販売チャンス拡大を行う。中でも共有在庫は業者間取引を仲介することで、販売店の在庫回転率向上に大きく貢献している。今回の業務提携では、この共有在庫に掲載された車両がTCV加盟店から仕入れ可能となる。日本の良質中古車を海外バイヤーに幅広く提供するTCVにとっては、情報量拡大につながる。

 TCVは、2004年にサービスを開始、現在では約9万台の中古車情報を提供し、世界200以上の国と地域からアクセス可能な中古車輸出プラットフォーム。アフリカ地域などの新興国を中心に、日本からの中古車購入を希望する100万人以上の海外ユーザー(バイヤー)が登録、年間8000万件を超えるページビュー(PV)や月間6万件以上の問合せが入るサイトへと成長している。
 19年には世界有数の運航実績を誇る商船三井と提携し中古車輸出の一気通貫のサービス「EZ TRADE」が開始され、社名とサービス名を変更するリブランディングを通じ、アフリカでの認知向上に努めるなど、国内外のバイヤーにとって安心安全で役立つサービスが提供されている。TCV社はライフメディアプラットフォーム事業を展開する「じげん」(東京都港区、平尾丈社長執行役員CEO)の子会社。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること