吉田多孝社長「令和2年 新年仕事始め式 年頭あいさつ」 - グーネット自動車流通

2021年2月26日 [金曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

吉田多孝社長「令和2年 新年仕事始め式 年頭あいさつ」

企業・団体 2020年01月07日
先輩たちの努力、ヤナセをご愛顧いただいてきたお客さまへの感謝の気持ちを忘れずに
会社名:ヤナセ
仕事始め式で年頭のあいさつを述べる吉田社長

仕事始め式で年頭のあいさつを述べる吉田社長

拡大拡大する

 ヤナセ(東京都港区・吉田多孝社長※)は1月7日、仕事始め式にて従業員に向け、年頭あいさつを述べた。※『吉』は土に口

 以下、吉田社長年頭あいさつ要旨

 ヤナセは今年、創立105周年を迎えます。ヤナセが105年もの長い間、経営を続けてこられたのは、先達の方々をはじめヤナセグループ社員が、力を結集してがんばってきたからこそです。また、多くのヤナセファンのお客さまに支えられてきたおかげで、今日があります。先輩たちの努力、そしてヤナセをご愛顧いただいてきたお客さまへの感謝の気持ちを忘れてはなりません。

 2019年は米中貿易問題が端を発し、世界経済は混沌としています。また、自動車業界は100年に一度の変革期を迎え、メーカーはさまざまな研究・開発に資金を投入するなど経営環境は激変しています。世界の自動車業界をリードする企業でさえも経営環境の変化に直面しており、当社のビジネスも少なからず影響を受けるでしょう。
 そして日本では昨年も台風や大雨などの自然災害が多発し、多くの人的・物的な被害が発生しました。当社が取り扱っている高額な耐久消費財の購入よりも、まずは生活基盤を立て直さなければならない、というご家庭も多いと思われ、必然的に日本国内の消費市場も大きなダメージを受けていることは間違いありません。

 このように当社のビジネスを取り巻く経営環境が厳しい中で、今年4月から新たな中期経営計画をスタートします。その中心となるのが「業務の高効率化」です。私たちの日頃の業務内容を見直し、高効率な業務の実現を目指します。日常業務のプロセスを変えるのは勇気がいることです。しかし、私たちは世の中の変化に先んじて変わらなければなりません。
 例えば「来店型の店舗経営」は、中期経営計画の中で定着させる必要があります。「一日車検」も、できる限り早く実行・定着させたい業務です。高効率化を実現しなければ、本当の意味での働き方改革はできません。

 今期から新たな拠点評価制度を設けています。拠点の評価を半期ごとに設定し、相対評価の結果を処遇に反映させます。このように、成果を挙げた組織・人を報いる、的確な処遇をしていきます。
 今期も全国の営業本部を訪問して感じたのは「実績を挙げている拠点は、拠点内の活発なコミュニケーションの下で創意工夫をしている」ということ。特にその努力が数字になって表れている拠点は、新しいお客さまを獲得するため、あるいは既存のお客さまとの関係性を強化して次のビジネスにつなげるため、さまざまなアイデアで楽しく仕事に取り組んでいます。創意工夫の結果が実績に表れるとメンバー全員のモチベーションが高まり、さらなるアイデアが生まれ、その実現に取り組む。そういった相乗効果を楽しんで仕事をしていました。市場環境が厳しいときこそ各拠点でアイデアを出し合って、楽しく前向きな姿勢で取り組んでください。

 今年はヤナセのメルセデス・ベンツ新車累計販売台数が、100万台に到達する見込みです。メルセデス・ベンツビジネスに携わっている皆さん、一日でも早く達成できるよう共にがんばりましょう。とはいえ、2020年は決して楽観視できる経営環境にないのが現状です。しかし、そういうときこそヤナセグループ社員が心を一つにして、先達が築き上げたお客さま基盤を大切に、日々の仕事に取り組んでいくことが必須です。

 今年も、お客さまに感謝の心を込めて、実りある豊かなカーライフをお届けするため、ヤナセグループ全社員が一丸となって取り組んでいきましょう。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること