最新撮影システムなどタイからの視察を受入れ - グーネット自動車流通

2020年11月26日 [木曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

最新撮影システムなどタイからの視察を受入れ

企業・団体 2019年12月24日
アップルインターナショナルタイランドより6名が訪問
会社名:JU岐阜羽島オートオークション
会場内の最新設備を案内

会場内の最新設備を案内

複数画像有

拡大拡大する

 JU岐阜羽島オートオークション(岐阜県羽島市、熊﨑尚樹社長)は、11月27日、タイでオートオークション(AA)を運営しているアップルインターナショナルタイランドの視察を受入れた。

 当日はディレクターの松本豊一氏とタイ人の会場長1名、検査員4名の計6名が訪れ、検査と撮影施設および整備工場を視察、また顔認証など最新のセキュリティーシステムを体験した。

 アップルインターナショナルタイランドはタイ国内に16の保管施設と11のAA会場を保有、年間240日の開催を行なっており、出品台数は車台番号ベースで年間7万5000台にのぼる。今回、日本のAA会場を視察するにあたり、JU岐阜羽島オートオークションを選択した理由について松本氏は「日本トップレベルの撮影システムに大変興味があった」としている。
 
 同会場が導入している撮影システムは「G-Around(ジー・アラウンド)」と呼ばれ、車両の角4方向に3台ずつ、合計12台のカメラで撮影した静止画を最先端の技術で組み合わせることで、出品車両の画像が360度自動回転して閲覧できることが可能となっている。

 視察について熊﨑社長は「最先端の技術を実感してもらえたと思う。今後はお互いの良いところを吸収し高めあっていきたい」と述べた。

JU岐阜羽島オートオークション 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること