ベトナムから優秀な若者を「インターンシップ生」として受け入れ - グーネット自動車流通

2019年12月6日 [金曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

ベトナムから優秀な若者を「インターンシップ生」として受け入れ

企業・団体 2019年11月12日
外国人自動車整備人材の新たな活用
会社名:ホンダサロン石川・アセアンカービジネスキャリア
2名が決定(写真左から平田副社長、タイ氏、サン氏、山崎店長、川崎社長)

2名が決定(写真左から平田副社長、タイ氏、サン氏、山崎店長、川崎社長)

複数画像有

拡大拡大する

 ホンダサロン石川(石川県金沢市、平田他喜夫社長)は、メーカー系新車ディーラーでは初めての取り組みで、ベトナムからのインターンシップ生の受け入れを行う。10月28日に2名のインターンシップ生が無事に入国した。

 ベトナムを中心としたアセアン各国から、とくに自動車関連技術者の知識・技術を持ったエンジニアを紹介するアセアン・カービジネス・キャリア(東京都千代田区、川崎大輔社長)。2019年4月に同社が開催した現地ベトナムへのインターンシップ面接ツアーに、ホンダサロン石川が参加。ホーチミン市工業大学の自動車学部の学生2名を選抜。無事に2名がインターンシップとして許可された。昨年4月から同社は現地の大学とMOUを提携してインターンシッププログラムの取り組みをスタートした。

 ベトナム人のインターンシップ生に今後期待されることは、彼らが成長し日本とベトナムの自動車業界の活性化を担う人材となること。更にインターンシップが終了し大学を卒業した後に、正規雇用として日本で働くことであり、受け入れ企業としては優秀な自動車整備人材として獲得することも期待している。そのような点から今後、人材不足に悩む新車ディーラーにとって魅力的なプログラムになっていくのではないだろうか。今回、全国の新車ディーラーで初めてホンダサロン石川がインターンシップの受け入れに踏み切ったその試みを評価したい。

【インターンシッププログラムの概要】
 ACCは、ベトナムを中心としたアセアン各国から、とくに自動車関連技術者の知識・技術を持ったエンジニア紹介を展開している。同プログラムは、ベトナムの大学で学ぶ自動車学部の学生に対して、半年間の日本でのインターンシップを提供する。基本的な日本語が理解できる水準まで大学で日本語教育を施した学生を選抜する。受け入れ企業は、現地の大学に面接にいって自ら選抜した学生を、日本でインターン生として受け入れる。半年後、インターン生は大学に戻るが、もし受け入れ企業、インターンシップ生のお互いがウィンウィンであれば、大学卒業後に正式社員として就職することができる。

【アセアンカービジネスキャリアについて】
本社:〒101-0047 東京都千代田区内神田1-2-1ダコタハウス10F
代表者:代表取締役 川崎大輔
設立:2017年3月1日

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること