あじさい祭り記念MAは出品400台超 - グーネット自動車流通

2022年8月19日 [金曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

あじさい祭り記念MAは出品400台超

オークション 2019年06月14日
年間を通じて出品400台規模を安定確保へ
会社名:IMA九州
九州地区唯一の大型車専門オークション

九州地区唯一の大型車専門オークション

複数画像有

拡大拡大する

 IMA九州(福岡県古賀市・小美濃洋社長)は6月13日、「あじさい祭り記念モーターオークション(MA)」を開催した。出品台数は406台に上り、このうち248台を成約、成約率は61.1%だった。当日は建機コーナーも特設した。

 セリ開始前のセレモニーでは渡彰弘副会場長が挨拶に立ち、会員への感謝の言葉を述べるとともに、当日のオークションの運営説明を行った。

 当日は「大型・中型コーナー」に200台、「小型コーナー」に191台を集荷、このほか「NEWコーナー5000」と特設「建機コーナー」にも多くの良質車が集まった。

 同会場では今年度、1開催あたり平均出品台数400台を目標に集荷を図っている。当日はこれを上回る出品台数を集めたほか、4月からの累計(6月13日開催分までの10開催)では1開催あたり394台の出品車を確保しており、年度後半にかけての流通量増加を考えると、400台ラインを着実にクリアするペース。

 こうした中、翌週20日は通常オークションながら「大型四社協賛オークション」を開催する。特設する「ディーラーコーナー」に200台規模の集荷を見込む。いすゞだけでなく、日野と三菱ふそう、UDとラックスという国内の大型四社が全て協賛するイベントとしてバイヤーの注目が集まる。

 同会場では、新会場移転から今年8月で2周年を迎える。新会場効果により、出品規模を着実に拡大するほか、オークション当日の来場会員数の伸びも堅調。会場内の整備棟では看板剥離作業の受付も行っており、出品店と落札店の双方に喜ばれるサービスを推進、会員満足度の向上につなげている。

IMA九州 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること