【連載企画】File10中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント? - グーネット自動車流通

2019年3月19日 [火曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【連載企画】File10中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント?

コラム 2019年02月26日
確定申告をしなくてもバレないってウソ?ホント?
会社名:自動車業界特化型税理士 酒井将人

 自動車販売店の経営者や実務担当者が抱く経営・経理・税金に関する様々な疑問について、自動車業界専門の税理士が解説します。

【確定申告期間スタート】
間もなく2018年分の確定申告期間(2019年2月18日~3月15日)が終了しますが、個人事業主として中古車販売業を営んでいる方は、そろそろ申告準備を始めている頃ではないでしょうか。確定申告に関する具体的な手続きについては、個別にご相談頂くか「確定申告の手引き」などでご確認いただくとして、今回は手引きには載っていない〝確定申告をしなかった場合〟の実務についてご紹介します。

【ペナルティの税金】
 確定申告義務のある方が、申告期限までに申告や納税をしないと、本来納めるべき税金に罰則税金が加算されてしまいます。具体的には、納付遅れに対する利息分としての〝延滞税〟や期限内に申告しなかった事実を罰する〝無申告加算税〟が追加で課されてしまいます。

【ペナルティはいくら?】
2018年分確定申告に係る延滞税は、本税(本来納付すべき税額)に年利8.9%(最初の2ヵ月間は2.6%)の割合を乗じて日割りで計算されます。無申告加算税は、本税に20%(本税50万円までは15%)の税率を乗じて計算されますが、税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告を行った場合などは、軽減措置を受けることができます。

【悪質な場合は犯罪です】
 不正な手段によって税金を免れることを「逋脱(ほだつ)」といいますが、故意に納税を免れる意思のある無申告は、犯罪行為です。脱税額が大きい場合などには、一般的に10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金という厳しい懲役刑や罰金刑が科されることとなりますので、良からぬことは考えず、税とは真摯に向き合って頂きたいと思います。

【無申告はバレます】
 もしかしたら「確定申告しなくてもバレなければ大丈夫」と思っている方がいるかもしれませんが、無申告の状態が続けば必ずバレるときがきます。世間で言われている〝マイナンバー制度〟云々ではなく、税務署が無申告(=無所得)の方が普通に生活しているという不可解な事実に不信感を抱くのに、そう時間は要しないものなのです。

【筆者紹介】
税理士 酒井将人。
自動車業界特化型税理士事務所OFFICE M.N GARAGE代表。
自動車販売店などの経営サポートや業務改善に注力する傍ら、自動車業界活性化のための活動を行う。著書に『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A(セルバ出版)』など。






[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

コラム関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること