進化したクールベールプレミアム(フロントガラス)発売 - グーネット自動車流通

2019年3月19日 [火曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

進化したクールベールプレミアム(フロントガラス)発売

新製品 2019年02月26日
独自技術で赤外線と紫外線を大幅にカット
会社名:オートグラス
独自技術で赤外線と紫外線を大幅にカット

独自技術で赤外線と紫外線を大幅にカット

複数画像有

拡大拡大する

 自動車補修用ガラスを手がけるオートグラス(東京都港区・辻浩義社長)はハイスペックフロントガラス「クールベール」の紫外線カット率を更に向上し、「クールベールプレミアム」としてリニューアルした。

 同製品は世界トップシェアのAGCが開発した「三層構造」のフロントガラスで、光に含まれる可視光線だけを透過し、紫外線(UV)と赤外線(IR)をカットできる。三層でガラスを構成し、内と外のガラスの間にUV・IRカット剤を練り込んだ中間膜を挟んでいる。カット剤は、赤外線の熱線だけでなく、紫外線をも大幅に吸収する。

 この技術により、紫外線(UV)に含まれる、しわ・たるみの原因になるUVA(99%カット)と、しみ・そばかすの原因になるUVB(99%カット)の2つの波長をブロックするが、クールベールプレミアムはこのUVAのカット率を更に向上、400nmの波長までカット。女性向けブランド「美肌ガラス」としても高く評価されている。

 暑さの原因となる赤外線をカットし、ハンドルの温度上昇やこもる不快な熱気を軽減する。エアコンをつけた車内のクールダウンされる時間を約50%短縮し、より快適な車内環境を実現、エアコンへの負担を減らすので、低燃費にもつながる。

 安全ガラスとして法令で定められている性能の枠内で、最強バージョンとして作られた日本製フロントガラスで、紫外線や赤外線をカットするが、電波透過型のため、光ビーコン(VICSナビゲーション)やETCにも支障がない。保安基準に対応しているので車検も問題ない。

 純正品の供給が終了したハコスカ、AE86、R32スカイライン、AZ-1などにも幅広く対応しており旧車ユーザーからも注目されている。


[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

新製品関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること