初荷&SUAA近畿で2019年も好スタート - グーネット自動車流通

2019年3月19日 [火曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

初荷&SUAA近畿で2019年も好スタート

オークション 2019年01月12日
館内リニューアル、落ち着きのある空間を演出
会社名:ベイオーク
館内は落ち着きのある雰囲気にリニューアル和服姿の女性スタッフが「福飴」を手渡した

館内は落ち着きのある雰囲気にリニューアル和服姿の女性スタッフが「福飴」を手渡した

複数画像有

拡大拡大する

 ベイオーク(大阪市住之江区・塩原淳平社長)は1月9日、「2019年初荷&SUAA近畿ジョイントオートオークション(AA)」を開催した。出品台数は2669台に上り、このうち1631台を成約、成約率は61.1%だった。1台あたり成約単価も65万8千円に上った。

 セリ開始前に行った新年最初のセレモニーでは和泉英雄部長が挨拶に立ち「本日は2700台近い出品台数となりました。会員の皆様の多大なるご協力、誠にありがとうございます。今年も皆様から必要とされるAA会場を目指して、さまざまなことにチャレンジしてまいります」と話した。

 同会場では、17年から18年にかけて70万円を大きく上回る高い平均成約単価が続出するなど、もともと定評のある高成約率とともに、高成約単価が大きな特徴となっている。プレミアム輸入車や高年式国産車の出品が増加傾向にあり、こうした出品車の構成比拡大が高成約単価基調を引っ張る状況。

 こうした状況を踏まえて、AA会場の雰囲気も一新している。今回の初荷AAに合わせて、館内のリニューアルも実施した。エントランスやカフェスペース、事務所などが明るく、温かい雰囲気の木目調やレンガの壁紙などでリニューアル。新年早々、高級感があり、落ち着きのある雰囲気の会場で来場会員を迎えた。

ベイオーク 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること