秋の検査講習キャンペーンは12月末まで展開 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)12月11日 [火曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

秋の検査講習キャンペーンは12月末まで展開

オークション 2018年11月30日
高い検査技術を惜しみなく会員店に提供・共有
会社名:ベイオーク
自社検査員が高い検査技術を丁寧に解説

自社検査員が高い検査技術を丁寧に解説

複数画像有

拡大拡大する

 ベイオーク(大阪市住之江区・塩原淳平社長)は10~12月の3か月間の期間限定で「秋の検査講習キャンペーン」を展開中だ。期間中に受講した会員店には2019年3月末まで利用可能な出品または落札手数料の無料クーポンをプレゼントする。また、講習可能日が従来の木、金曜と合わせて、月、火曜にも拡大、新たな日程追加の認知度拡大にもつなげる。

 同社が行う検査講習キャンペーンは、07年7月のスタートから、のべ1800人が受講した。買い取り査定の生命線で、オートオークション(AA)の基盤である検査技術、進化する自動車に対応していくための検査講習会として開催している。例年、春先の新入社員向け検査講習キャンペーンを実施、秋には、繁忙期前のスキルアップをサポートするために実施している。

 こうした中、今夏新設した「プレミアムブロック」と「バントラブロック」が好調に推移している。プレミアムは、10~11月の2カ月間で、1開催平均114台を集荷、成約率は65.9%の高率。1台当たり成約単価は92万5000円に上るが、出品台数の2倍以上に上る強い入札が支える。8、9月実績に対しても出品台数で1.2倍、成約率は5.6ポイントの上昇、成約単価も高まっている。

 一方のバントラブロックは8~11月の実績で、1開催あたり75台を集荷、成約率は68.3%の高率。入札件数もプレミアムと同様に2倍以上に上る。リニューアル前の7~8月実績比でも出品台数で1.2倍規模、成約率で5.6ポイントの上昇。

 いずれのブロックも強固な会場落札と合わせてベイネットなどの外部応札が強い応札を引き出している。同会場の特徴である厳格な検査に対しての安心感、信頼感によるものが大きく、今回のような検査講習キャンペーンでもこうした高品質の車両検査技術を惜しみなく、会員に提供・共有している。

ベイオーク 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ シャトル / GK系 前月比:115% 平均落札:1,382千円
  • マツダ RX-8 / SE系 前月比:113% 平均落札:580千円
  • 日産 リーフ / ZEO系 前月比:111% 平均落札:739千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:110% 平均落札:631千円
  • マツダ アテンザワゴン / GJ系 前月比:109% 平均落札:1,479千円

ホンダ シャトル / GK系
ホンダ シャトル / GK系

急落車種TOP5

  • マツダ デミオ / DJ系 前月比:85% 平均落札:816千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:86% 平均落札:541千円
  • 日産 スカイライン / V36系 前月比:88% 平均落札:546千円
  • 三菱 パジェロ / 80、90系 前月比:90% 平均落札:1,324千円
  • 三菱 RVR / GA系 前月比:90% 平均落札:716千円

マツダ デミオ / DJ系
マツダ デミオ / DJ系