【連載企画】File06中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント? - グーネット自動車流通

2019年5月22日 [水曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【連載企画】File06中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント?

コラム 2018年11月12日
広告のための支出は全て経費になるってウソ?ホント?
会社名:自動車業界特化型税理士 酒井将人

 自動車販売店の経営者や実務担当者が抱く経営・経理・税金に関する様々な疑問について、自動車業界専門の税理士が解説します。

【広告宣伝費と税務】
中古車販売店の経営において、「広告」という行為はとても重要です。しかし、広告のための支出だからといって、何でもかんでも「広告宣伝費」として経費処理してしまっては、大きな落とし穴にはまってしまう恐れがあるのです。そこで今回は、この広告行為に関連する支出について、その税務上の取り扱いをご紹介したいと思います。

【広告宣伝費とは】
不特定多数の者に対する宣伝効果を意図した支出を広告宣伝費といい、税務上は〝原則として〟支出時の経費として取り扱われます。ここでポイントとなるのが、『不特定多数の者』というキーワードです。つまり『特定の者』に対する支出は、宣伝効果を意図したものであっても、広告宣伝費ではなく交際費となる可能性があるので注意が必要です。

【様々な広告宣伝費】
 中古車販売店では、雑誌広告への掲載費用や各種パンフレットの作成費用のほか、成約特典品の購入費用などが広告宣伝費に該当します。また、店舗名を入れたカレンダーや手帳などを配布目的で作成する費用も広告宣伝費として取り扱われます。

【資産計上すべきもの】
 広告宣伝費は〝原則として〟支出時の経費として取り扱われることは前述の通りですが、例外的に資産計上しなければならない場合があります。その中でも、中古車販売店に関する広告支出では、次の3つを押さえておくと良いでしょう。
(1)期末未使用品
 広告パンフレットなどを制作した際、期末時点で未使用のものがある場合には、「貯蔵品」として資産計上します。
(2)長期掲載広告
 長期契約で雑誌広告料などを前払いした場合、翌期以降に対応する部分は、「前払費用」として資産計上します。
(3)有形固定資産
 店舗看板などを製作・購入した場合で、その支出が10万円以上のものは「工具器具備品」などの有形固定資産として資産計上します。

以上、ここでは概要をご紹介しましたが、決算時には必ず税理士等に相談のうえ、各種特例の活用も含めた処理方法を検討するようにして下さい。

【筆者紹介】
税理士 酒井将人。自動車業界特化型税理士事務所OFFICE M.N GARAGE代表。自動車販売店などの経営サポートや業務改善に注力する傍ら、自動車業界活性化のための活動行う。著書に『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A(セルバ出版)』など。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

コラム関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること