上半期実績は好調に推移 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)12月15日 [土曜日] 先勝 |  サイトマップ サイトマップ

上半期実績は好調に推移

企業・団体 2018年10月06日
今後は中部会場の成功事例を展開
会社名:シーエーエー
中部会場の好調が全体を牽引

中部会場の好調が全体を牽引

拡大拡大する

 シーエーエー(愛知県豊田市・永谷敏行社長)は、10月3日に2018年度上半期実績を発表した。出品台数は、前年比で若干減少したもの、成約台数は大きく増加、同社が注力している初出品系車両の増加にともない、成約率も全会場で昨年を上回る結果となった。

 上半期は全会場24回開催、出品台数は合計で20万1648台(昨年比98.4%)、成約台数13万1269台(昨年比103.2%)、成約率65.1%(昨年比3.0ポイント増)、新規搬入率71.9%(昨年比2.4ポイント増)となった。

 会場別の主な実績として、基幹会場の中部会場では、出品台数9万5339台(昨年比103.3%)、成約台数6万8360台(昨年比106.6%)、成約率71.7%(昨年比2・2ポイント増)、新規搬入台数7万4947台(昨年比105.5%)、新規搬入率78.6%(昨年比1.7ポイント増)と全会場で唯一、全項目昨年越えとなった。また、東京会場では成約率57.8%(昨年比2.7ポイント増)、岐阜会場では成約台数2万3324台(昨年比102.1%)、新規搬入台数2万6296台(昨年比103.7%)、新規搬入率65.3%(昨年比5.2ポイント増)、東北会場では成約台数1万212台(昨年比101.7%)と高実績となった。 

 取材の場で永谷社長は「厳しい市況の中、上半期は計画を上回る実績を残すことができた。3年前から取り組んでいる中部会場での改革が進み、中身の濃いAAを行うことができている。今後は中部会場の成功事例を他会場と共有し、各エリアにあわせた特色のある会場づくりをすすめていきたい」と述べる。 

CAA東北 CAA東京 CAA岐阜 CAA中部
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ シャトル / GK系 前月比:115% 平均落札:1,382千円
  • マツダ RX-8 / SE系 前月比:113% 平均落札:580千円
  • 日産 リーフ / ZEO系 前月比:111% 平均落札:739千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:110% 平均落札:631千円
  • マツダ アテンザワゴン / GJ系 前月比:109% 平均落札:1,479千円

ホンダ シャトル / GK系
ホンダ シャトル / GK系

急落車種TOP5

  • マツダ デミオ / DJ系 前月比:85% 平均落札:816千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:86% 平均落札:541千円
  • 日産 スカイライン / V36系 前月比:88% 平均落札:546千円
  • 三菱 パジェロ / 80、90系 前月比:90% 平均落札:1,324千円
  • 三菱 RVR / GA系 前月比:90% 平均落札:716千円

マツダ デミオ / DJ系
マツダ デミオ / DJ系