大型四社協賛期末感謝祭は今期最高成約率 - グーネット自動車流通

2020年11月26日 [木曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

大型四社協賛期末感謝祭は今期最高成約率

オークション 2018年10月01日
出品台数も新会場1周年に次ぐ高水準
会社名:IMA九州
大型四社協賛ということで、「ディーラーコーナー」には大型ディーラー各社の良質車が多数集まった

大型四社協賛ということで、「ディーラーコーナー」には大型ディーラー各社の良質車が多数集まった

複数画像有

拡大拡大する

 IMA九州(福岡県古賀市・羽田祐彦社長)は9月27日、「大型四社協賛期末感謝祭モーターオークション(MA)」を開催した。出品台数は726台を集荷した8月23日開催「九州新会場1周年記念MA」に次ぐ今年度2番目の高水準、成約率は今期最高の67.9%を記録する活況となった。

 セリ開始前のセレモニーでは渡彰弘副会場長が挨拶に立ち、会員への謝辞を述べた。

 当日は、500台を上回る出品台数が集まったことから、旧第2会場(いすゞライネックス古賀ヤード)を臨時使用して、出品車を受け入れた。

 同会場ではIMA3会場(九州、幕張、神戸)で、8~9月の2カ月間一斉展開した出品+アップキャンペーン(前年実績+3台が達成条件)の達成会員が64社に上るなど、各会員による前年実績を大きく上回るセリ参加で盛り上がる。昨年8、9月は新会場オープン効果が大きかったこともあり、高水準だった前年同期を上回る推移を見せている。各会員の出品ボリュームは着実に増大しており、新会場効果は顕著に表れている。

 今回は、大型四社(いすゞ、日野、三菱ふそう、UD)協賛MAということで、ディーラーコーナーに246台の出品車が集まった。同協賛MAは、年4回開催に拡大しており、次回は12月に開催する予定。

 一方で出品料5000円の「コーナー5000」の延長も決定した。同コーナーは貨物車だけでなく、軽自動車や乗用車を対象としており、4ナンバーの小型トラック・バンなども幅広くカバーするもので、割安な手数料で幅広い車種の出品を受け入れるもの。

IMA九州 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること