新会場1周年は歴代2位の出品台数726台 - グーネット自動車流通

2020年11月24日 [火曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

新会場1周年は歴代2位の出品台数726台

オークション 2018年08月30日
出品台数、来場数は新会場効果で2けた増
会社名:IMA九州
羽田社長が会員への謝辞を述べた

羽田社長が会員への謝辞を述べた

複数画像有

拡大拡大する

 IMA九州(福岡県古賀市・羽田祐彦社長)は8月23日、「九州新会場1周年記念モーターオークション(MA)」を開催した。出品台数は新会場オープン時の出品台数966台に次ぐ、史上2番目の高水準となる726台を集荷、成約率は64.6%の高率だった。

 セリスタート前に行ったセレモニーでは羽田社長が挨拶に立ち「会員の皆様のおかげで、九州会場は出品台数においても過去最高の推移を見せています。変化が激しい時代ですが、さらに皆様のお役に立てる会場を目指して進化してまいります」と謝辞を述べた。
 九州会場長を兼務する伊藤武司執行役員は「新会場オープン前後で、1開催当たり出品台数は344台から390台へと約113%の伸びを見せ、来場者数も同じく113%増加しています。来年の2周年記念も元気なご報告が出来るよう、スタッフ一同のまい進してまいります」と挨拶した。

 セリスタート後に行った記者会見では羽田社長が「オークション実績は3会場揃って伸長を見せる中、九州会場が大きく実績を伸ばしている。会員の皆様があってこその実績と心から感謝している」と話した。伊藤執行役員も「ご来場いただける会員の皆様のために、さまざまな企画を考えています。今回の記念では、地元である古賀市の農産物直売所の協力により、新鮮な野菜などを用意しました」と来場促進策を工夫するほか、今回のように地元の特産物を活用することで、地域貢献にもつなげている。

 今回特設した「ライネックスコラボコーナー」は落札賞としてグループ会社、いすゞライネックスの陸送割引券を付けた。いすゞグループ内での活発な協力体制により、会員利便をさらに高める。

 同会場では当日から、アイオークからのライブ接続が始まった。積極的なオークション運営で来場会員を増やすとともに、外部接続も強化、活発な応札を引き出すことで、出品店、落札店の双方にメリットを拡大している。「NEWコーナー5000」もセリの幅を広げ、会員のセリ参加を増加させる要因となっている。

 こうした取り組みと合わせて、IMA3会場が連携した盛り上げ策も展開している。8~9月の2カ月間展開している「出品プラスアップキャンペーン」では、期間中の出品台数が5台以上で、前年同期の出品実績比3台以上の会員に対して特典を用意している。

 当日の会場では、来場イベントとして、古賀市「コスモス広場農産物直売所」の選りすぐり野菜・果物詰め合わせが当たるダーツゲームや会場前の屋台出店などを展開し、来場会員を楽しませた。また、レストランの特別ランチとして名店うなぎ柳川屋「うなぎせいろ蒸し弁当」を用意した。

IMA九州 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること