青年部担当チャレンジ400大オートオークション開催 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)11月15日 [木曜日] 大安 |  サイトマップ サイトマップ

青年部担当チャレンジ400大オートオークション開催

オークション 2018年07月06日
5月11日から「JUナビリアル」スタートし活発な外部応札
会社名:JU沖縄
上原青年部会長が挨拶

上原青年部会長が挨拶

複数画像有

拡大拡大する

 JU沖縄(北中城村・幸喜洋三理事長)は6月29日、「青年部担当チャレンジ400大オートオークション(AA)」を開催した。目標出品台数400台を上回る406台の出品を集め盛大に開催した。5月11日からスタートした「JUナビリアル」による外部からのリアル応札も活発で、JU九州(永松守会長)の他県青年部会員が会場を訪れるなど、会場と外部ネットから活発な応札が入り、活発なセリを展開した。

 セリスタート前にはセレモニーを開催、上原誠青年部会長が来場会員に謝辞を述べた。セリ終了後には青年部担当AA恒例の「とみくじ」の抽選会を実施、スタートから最終号車まで会場内はほぼ満席の来場会員を集めて盛り上がった。

 同商組では、5月11日開催のAAより、JUコーポレーションが提供するJUナビのリアル応札機能「JUナビリアル」を新たに導入した。これまでは入札形式でのセリ参加しか出来なかったが、JUナビリアル導入により、県外バイヤーのセリ参加や離島の会員店の外部応札が可能となった。

 幸喜理事長は「離島県ということで独自の特色を持ってAAを開催してきたが、地元のメリットを生かしながら、『JUナビリアル』導入によるセリ活性化で、会員のメリット拡大につなげたい」と話した。とりわけ高年式車やレンタカーなどは県外AAに流出する傾向もあったが、「リアル接続が始まったばかりだが、落札台数の15%程度までが外部からのリアル応札が占め、回数を重ねるごとに増加している。成約単価も上昇傾向にあり、今後も出品店、落札店のニーズに対応した運営に努めたい」とする。

JU沖縄 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ シャトル / GK系 前月比:115% 平均落札:1,382千円
  • マツダ RX-8 / SE系 前月比:113% 平均落札:580千円
  • 日産 リーフ / ZEO系 前月比:111% 平均落札:739千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:110% 平均落札:631千円
  • マツダ アテンザワゴン / GJ系 前月比:109% 平均落札:1,479千円

ホンダ シャトル / GK系
ホンダ シャトル / GK系

急落車種TOP5

  • マツダ デミオ / DJ系 前月比:85% 平均落札:816千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:86% 平均落札:541千円
  • 日産 スカイライン / V36系 前月比:88% 平均落札:546千円
  • 三菱 パジェロ / 80、90系 前月比:90% 平均落札:1,324千円
  • 三菱 RVR / GA系 前月比:90% 平均落札:716千円

マツダ デミオ / DJ系
マツダ デミオ / DJ系