【繁盛店レポート】 AQUA郡山 (福島県郡山市) コストと時間の 「手間」 を付加価値に - グー…

2018年(平成30年)8月21日 [火曜日] 大安 |  サイトマップ サイトマップ

【繁盛店レポート】 AQUA郡山 (福島県郡山市) コストと時間の 「手間」 を付加価値に

店舗情報 2018年06月29日
オリジナル保証を付与しお客様とスタ ッ フの好関係を生む
会社名:AQUA郡山
鈴木社長

鈴木社長

複数画像有

拡大拡大する

 福島県郡山市に中古自動車販売店を設立し3年半。設立当初の展示台数は30台弱であったが、現在は同市内に3店舗を構え、総在庫台数は約170台に及ぶまでに拡大した株式会社優希 (店舗名 :AQUA郡山)の代表を務める鈴木優社長。今後は福島県内の他の市町に出店し、地元に貢献したいと語る鈴木社長に同社の取り組みについて話を聞いた。(齊藤寛英)

■出店はゼロからのスタート
 出店前は、中古自動車販売店の従業員として勤めていたが、自分の店であるAQUA郡山の立ち上げは、ゼロからのスタート。中古自動車販売店勤務時は店長として、販売から仕入、 宣伝告知、加えて店舗展開にも携わっていた。自社店舗設立後、2年間は非常に厳しい販売状況だった。ただ、状況下でも2店舗目を出店。今は、ハイブリッド専門店販売状況が好転した転機はJU福島に加盟したこと。JU福島に加盟したことにより、支部合同企画の中古自動車情報誌に掲載できた。これにより来店も増え、販売方法も変わり、販売も上向いてきた。

■トータルサポートでお客様に安心を
 AQUA郡山のコンセプトは「トータルカーサポート」 。一つの店舗で販売から車検、板金や保険、カークリーニングと、オールマイティにお客様をサポートしたいという思いで取り組んでいる。クルマに携わるもの全てを自社で提供できるからこそ、お客様も安心して来店できる。店舗としても販売だけではなく、複数のサービスを提供することでお客様の囲い込みに繋がり、長い付き合いができる。
 「トータルカーサポート」は基本的には、自社で行なっている。カークリーニングもガラスコーティングも自社で対応する。認証工場として整備も行なっている。そのため、各専門スタッフが在籍している。おかげさまでお客様にも好評をいただいている。

■コストと時間の「手間」が付加価値
 車を購入いただくお客様からは「まるで新車のよう」との言葉をいただく。仕入れた車は、一つのシミも消せば、ワイパー樹脂もコーティングする。他にも、ヘッドライトも全てコーティングし、ライトが黄ばんでいるクルマは1台もない。仕入現状車の展示は一台も無い。ここは一番のこだわりであり、徹底しているポイント。結果、お客様にも喜んでいただいている。コストと時間を掛けているが、お客様の高い満足度に繋がり、当社ならではの付加価値となっている。お客様からも値引きの話は基本的に出ない。車の質向上にこだわることで、お客様の質も上がっている。納車時は、お客様に店舗まで足を運んでもらい、来店型納車に特化している。ご来店いただく機会を活かし、お客様と車の写真を撮り、必ず中古自動車情報誌のユーザーレビューを書いていただいている。

■「安心」にこだわり
 同様に安心を提供する意味でも3段階の目を入れている。まず、仕入は修復歴無しに限定。その後、 スタッフによる検査、最後に媒体車の鑑定を利用している。おかげさまで、購入後のクレームも無い。加えて販売するクルマ全てに当店オリジナルの2年保証を提供している。12ヶ月点検時のオイル交換は無料とし、ハガキで案内している。アフターサービスの案内もお客様との接点を増やす取り組みとして、しっかり対応している。7月からはオリジナルの2年保証を3年保証とし、新たに提供する。点検整備時に保証で対応することで、お客様が常に安心して運転できる環境を用意している。売りっ放しだとお客様は帰ってこない。保証を提供することで、故障しても無料で直せると思えば、お客様も安心できるし、スタッフも安心してお客様にクルマの状態を伝えることができる。オリジナル保証を提供することで、お客様とのより良い関係づくりに繋がっている。

■お客様との出会いは「一期一会」
 接客はお客様1名に対し、スタッフ2名で対応している。2名の構成も新人とベテランとし、教育を兼ねると共に説明不足や取りこぼしの防止に繋がっている。 今の時代、お客様は来店してからクルマを探すのではなく、欲しいクルマがある店に行く。その少ないタイミングの中で、しっかりお客様に対応するためにどうすべきか、如何に取りこぼしを無くすかがカギ。キャンペーンを行う時は、 即決を条件に、 ローン審査も当日中に行う。時間を掛けることでお客様は逃げてしまう。クルマには自信がある。商機を掴むためにできることを全て行う。営業マンに言うのは「お客様に全て聞け」 。過去、 営業マン時代に1人で1ヶ月に37台を販売したことがあり、その時の経験がノウハウになった。 ただ、基本的なスタンスはお客様の要望に販売側が合わせていくこと。 お客様との商談は、 一期一会。車の購入はお客様にとって、安い買い物ではない。 限界まで1回の商談を大切にしたい。

【店舗情報】
会社名:株式会社優希
代表者:鈴木優(福島県出身、昭和58年2月生)
住所:福島県郡山市御前南5丁目71番地
電話:024‐955‐6006
店舗数:3店舗
従業員数:13名

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

バナー広告募集中

店舗情報関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:116% 平均落札:629千円
  • ホンダ CR-V / RE3, 4 前月比:113% 平均落札:589千円
  • 日産 フェアレディZ / Z33系 前月比:112% 平均落札:540千円
  • 三菱 パジェロ / 80, 90系 前月比:111% 平均落札:1,514千円
  • スバル インプレッサXV / GP系 前月比:109% 平均落札:1,517千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系

急落車種TOP5

  • マツダ ビアンテ / CC系 前月比:87% 平均落札:571千円
  • ホンダ オデッセイ / RB3, 4系 前月比:88% 平均落札:619千円
  • トヨタ ランドクルーザー100 / 100系 前月比:89% 平均落札:1,323千円
  • トヨタ プレミオ / 260系 前月比:91% 平均落札:947千円
  • トヨタ ノア / 70系 前月比:92% 平均落札:694千円

マツダ ビアンテ / CC系
マツダ ビアンテ / CC系