6月鉄スクラップ市況情報 - グーネット自動車流通

2019年2月21日 [木曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

6月鉄スクラップ市況情報

相場・統計 2018年07月04日
市況は神経質な展開
会社名:日本鉄リサイクル工業会
鉄スクラップ価格推移

鉄スクラップ価格推移

拡大拡大する

 日本鉄リサイクル工業会(東京都新宿区)は7月2日、国内の鉄スクラップマーケット情報を発表した。6月に入り、鉄スクラップ市況は高値を維持していた関東が下落し、関西は横這い推移した。月末時点のH2価格は、関東で前月末比1000円~1500円下げの3万3500円~3万4500円、関西は略々横這いの3万4000レベルとなっている。この結果、しばらく続いた「東高西低」現象は解消している。

 関東地区が下落した原因は、H2を中心とした輸出向けFOB価格の低迷に求められる。主要販売先の韓国勢は、新断、HSの上級品種を除き買い意欲が低調で、H2のFOB価格は指値でピーク比2000円下げてきており、ベトナム向けも同様の値動きとなっている。

 他方、米国産のトルコ向け価格は、イスラム圏のラマダン明けの影響により値上げに転じ、台湾向けコンテナー価格も底離れが報告されている。また、中国産のビレット価格も、高値を維持しており、鉄スクラップ国際マーケットは先行き上昇基調が見込まれる。

 国内の電炉メーカーは、鉄スクラップ以外の電極、合金鉄等資材価格上昇に苦慮しているものの、鋼材生産は好調で鉄スクラップ需要も旺盛である一方で、夏期の炉修や輸出向け配船の減少による需要減も見込まれ、市況は神経質な展開で月末を迎えている。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

相場・統計関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること