CAA創業30周年記念AA Part2開催 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)9月23日 [日曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

CAA創業30周年記念AA Part2開催

オークション 2018年05月15日
会員ニーズに応える利用しやすい会場に
会社名:CAA東京
挨拶に立つ杉浦会場長

挨拶に立つ杉浦会場長

複数画像有

拡大拡大する

 CAA東京(千葉県柏市・永谷敏行社長)は5月8日、「CAA創業30周年記念AA Part2」を開催した。当日のセリは、目標の2500台を大きく上回る出品2675台を集荷。成約は1618台、成約率60.5%、平均成約単価56万1000円の好結果を収めた。

 開催に先立ち挨拶に立った杉浦弘将会場長は、多数の出品、来場に謝辞を述べ、「本年、CAAは創業30周年を迎え、この東京会場は19年目を迎えることができた。これも会員皆様のご支援、ご協力のおかげ」と謝辞を述べた。続けて「今開催は1月に実施したCAA4会場合同企画の第2弾として取引賞に加え、Wチャンスとなる大抽選会を催す」とイベントを紹介した。

 CAA30周年企画は第三弾を8月に、第4弾を12月に予定している。CAA4会場は創業30周年の節目の年に感謝の意を表すると共に、会場を盛り上げる。

 取材の場で杉浦会場長は当日のセリについて「各コーナーにおいて多くの新規出品車をいただき、全体のボリュームアップに繋がった。特に『レンタリースコーナー』は、過去2番目の出品数をいただき感謝」と謝意を表した。また、上昇傾向にある成約について「出品店と落札店から『納得できる検査』として評価をいただいている。近隣の方はもとより、遠方からも来場いただいている。加えてTC-webΣを通じて全国で活発なセリが発生している」とその背景を語った。
 今後の取り組みついて「今回、『レンタリースコーナー』は多数の出品をいただいたが、『軽コーナー』も東京会場の看板コーナーとして好評。会員様に注目いただける出品車を集めることで、セリは活気づき、さらに良くなる。新コーナーやセリ順変更を視野に入れ、より利用いただきやすい会場にしたい」と抱負を語った。

 同会場は29日、記念開催として「初出品ジャンボAA」を開催する。同開催では初の試みとなるCAA基準の初出品車を全てのコーナーにおいて流札時の出品料を無料とし、月末開催を盛り上げる。杉浦会場長は「会場イベントも需要に合わせた企画を実施し、ニーズに応えていきたい」としている。

[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ オデッセイ / RB3,4 前月比:122% 平均落札:677千円
  • トヨタ プリウスPHV / 30系 前月比:114% 平均落札:1,049千円
  • 日産 ノート / E12系 前月比:112% 平均落札:646千円
  • ホンダ フリードスパイク / GB3,4 前月比:112% 平均落札:732千円
  • トヨタ ハイラックスサーフ / 210系 前月比:112% 平均落札:1,004千円

ホンダ オデッセイ / RB3,4
ホンダ オデッセイ / RB3,4

急落車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:77% 平均落札:517千円
  • スズキ ソリオ / MA05系 前月比:92% 平均落札:509千円
  • マツダ アテンザセダン / GJ系 前月比:92% 平均落札:1,243千円
  • スズキ ワゴンR / MH35,55系 前月比:92% 平均落札:885千円
  • マツダ プレマシー / CW系 前月比:93% 平均落札:548千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系