4000台に迫る出品に活況 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)9月23日 [日曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

4000台に迫る出品に活況

オークション 2018年04月17日
「関連協スプリングリレー&JU埼玉スタートジャンボ記念AA」を開催
会社名:JU埼玉オートオークション
セレモニーで挨拶に立った鷹林社長

セレモニーで挨拶に立った鷹林社長

複数画像有

拡大拡大する

 JU埼玉オートオークション(さいたま市岩槻区・鷹林康裕社長)は4月17日、「関連協スプリングリレー&JU埼玉スタートジャンボ記念AA」を開催した。来賓にはJU関連協髙谷昭彦会長、JUコーポレーション鈴木幸昭副社長、JU関連協森田専務理事が参列し同会に華を添えた。当日は目標を大きく上回る出品数3832台を記録し、終始活況なセリが行われた。

 セリ開始前のセレモニーで挨拶に立った鷹林社長は「本日は関連協リレーAAとスタートジャンボ記念AAというダブルタイトルで開催する。昨年の3691台を大幅に上回る3832台を出品いただいた。ディーラーの皆様にも多数の出品をいただき、ディーラー初出品コーナーも211台を特設で設置できた。落札賞も多数用意してあるので、活発なコールをお願いしたい」と呼びかけた。

 続いてJU埼玉佐久間勝副理事長が挨拶に立ち「本日組合からは1200台の出品をいただけた。組合目標を大幅に達成でき、大変感謝している。組合も一丸となって努力するので、今後ご協力をいただきたい」と挨拶した。続いて髙谷会長、鈴木福社長らが祝辞を述べた。

 組合からの出品も今回は全支部が達成し、目標を大幅に上回る1200台を集荷した。同社は、会員の幅広いニーズに応えることにより、今年度の出品目標9万台、成約率62%以上、の達成を目指す。今後、4レーン化を視野に入れた設備投資を検討しており、セリ時間の短縮化、効率化を図るなど会員に対して様々なメリットを打ち出す方針だ。

AA会場 JU埼玉オートオークション 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ オデッセイ / RB3,4 前月比:122% 平均落札:677千円
  • トヨタ プリウスPHV / 30系 前月比:114% 平均落札:1,049千円
  • 日産 ノート / E12系 前月比:112% 平均落札:646千円
  • ホンダ フリードスパイク / GB3,4 前月比:112% 平均落札:732千円
  • トヨタ ハイラックスサーフ / 210系 前月比:112% 平均落札:1,004千円

ホンダ オデッセイ / RB3,4
ホンダ オデッセイ / RB3,4

急落車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:77% 平均落札:517千円
  • スズキ ソリオ / MA05系 前月比:92% 平均落札:509千円
  • マツダ アテンザセダン / GJ系 前月比:92% 平均落札:1,243千円
  • スズキ ワゴンR / MH35,55系 前月比:92% 平均落札:885千円
  • マツダ プレマシー / CW系 前月比:93% 平均落札:548千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系