「冬の感謝祭PART2」開催 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)10月21日 [日曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

「冬の感謝祭PART2」開催

オークション 2017年12月26日
2017年暦年出品台数は昨年越え
会社名:USS-R名古屋
昨年を上回る2945台を集荷

昨年を上回る2945台を集荷

拡大拡大する

 USS-R名古屋(愛知県東海市・安藤之弘社長)は12月26日、年内最終セリとなる「冬の感謝祭PART2」を開催した。当日は昨年の2600台を上回る2945台を集荷、成約2561台、成約率87%、成約単価は7万5000円を記録、イベントでは取引1台賞とホワイト祭りを実施、応札保証の金額を通常より高めに設定した

 同会場の2017年暦年出品台数は13万8745台(開催平均2832台)となり、2016年暦年出品台数12万9558台(開催平均2644台)を上回った。増加の要因として会場関係者は「ヤードの拡張を行なったことで収容キャパシティが増加、搬入、搬出、車両の展示もスムーズとなり利便性が向上、低額車輌のニーズが高くR会場の特性とマッチした。また子会社であるアビヅとの連携を強め、応札保証の金額を高めに設定できたことが増加につながった。今後は低額車輌を受け入れできる会場として、隣接する名古屋会場との差別化を図りながら、会員の皆様の商売に役立つ会場にしていきたい」と語った

AA会場 USS-R名古屋 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • マツダ RX-8 / SE系 前月比:123% 平均落札:513千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:122% 平均落札:630千円
  • トヨタ エスティマハイブリッド / 20系 前月比:114% 平均落札:1,444千円
  • 日産 スカイライン / V36系 前月比:112% 平均落札:619千円
  • ダイハツ アトレーワゴン / S300系 前月比:109% 平均落札:543千円

マツダ RX-8 / SE系
マツダ RX-8 / SE系

急落車種TOP5

  • ホンダ シャトル / GK系 前月比:88% 平均落札:1,196千円
  • 三菱 アウトランダーPHEV / GG系 前月比:90% 平均落札:1,745千円
  • ホンダ フィット / GK系 前月比:91% 平均落札:714千円
  • 日産 フーガ / Y51系 前月比:93% 平均落札:1,111千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:93% 平均落札:574千円

ホンダ シャトル / GK系
ホンダ シャトル / GK系