一般会員向けの検査講習会を実施 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)10月21日 [日曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

一般会員向けの検査講習会を実施

企業・団体 2017年12月01日
査定技術向上を支援
会社名:TAA中部
実車解説(外板の交換、修復歴の見方を説明)

実車解説(外板の交換、修復歴の見方を説明)

複数画像有

拡大拡大する

 TAA中部(三重県川越町・島田俊秀社長)は11月24日に「第3回検査講習会」を実施した。同会場での一般会員向け検査講習会は平成28年12月、平成29年6月に続き3回目、12名の受講者が会場検査員から講習を受け、技術の向上につなげた。

 受講者は、「検査手順、修復歴判定の説明」、「修復歴の見分け方」、「修復歴車を用いて検査の実践及び解説」の3項目を4時間に渡り受講した。講習では会場検査員のノウハウが展開され、より実践的な検査の手順、修復歴発見のポイントまでを骨格説明1台、修復説明用車両1台、実車査定用3台、比較車輌及びルーフの修復歴車2台、合計7台の実車を通しておこなわれた。また、講習会終了後のアンケートでは、受講者より「非常にわかり易い」、「丁寧な説明で理解ができた」という声が寄せられた。
 
 会場関係者は「講習会は会員の皆様の査定力向上とTAAとの関係強化を目的として実施している。講習会実施の要望は多く、今回も定員の12名はすぐに満員となってしまったので、今後は一人でも多くの会員様に参加をしてもらうため、実施期間を短縮していきたい」と語った。

AA会場 TAA中部 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • マツダ RX-8 / SE系 前月比:123% 平均落札:513千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:122% 平均落札:630千円
  • トヨタ エスティマハイブリッド / 20系 前月比:114% 平均落札:1,444千円
  • 日産 スカイライン / V36系 前月比:112% 平均落札:619千円
  • ダイハツ アトレーワゴン / S300系 前月比:109% 平均落札:543千円

マツダ RX-8 / SE系
マツダ RX-8 / SE系

急落車種TOP5

  • ホンダ シャトル / GK系 前月比:88% 平均落札:1,196千円
  • 三菱 アウトランダーPHEV / GG系 前月比:90% 平均落札:1,745千円
  • ホンダ フィット / GK系 前月比:91% 平均落札:714千円
  • 日産 フーガ / Y51系 前月比:93% 平均落札:1,111千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:93% 平均落札:574千円

ホンダ シャトル / GK系
ホンダ シャトル / GK系