国内初、車とアプリの連携で車両コンディションの自動解析・遠隔診断を実現 - グーネット自動車流通

2019年11月22日 [金曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

国内初、車とアプリの連携で車両コンディションの自動解析・遠隔診断を実現

新製品 2017年07月28日
自動車向けIoTソリューション「LINKDrive byGMO」「LINKPit byGMO」を発表。
会社名:GMOクラウド
GMO社が開発した「車載コネクタ」

GMO社が開発した「車載コネクタ」

複数画像有

拡大拡大する

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(東京都渋谷区:青山満社長、以下GMOクラウド)は7月26日、国内初となる車とアプリの連携による車両コンディションの自動解析・遠隔診断サービスの提供を都内にて発表した。

 同社が提供する自動車向けIoTソリューションは、一般乗用車を対象に同社が開発した専用の車載コネクタを車載故障診断装置=OBD2に接続することでインターネットを経由し、自動車のECU(エンジン・ユニット・コントロール)に蓄積された車両データを収集・管理できる仕組み。

 同IoTソリューションを展開するツールとして一般ユーザー向けのスマホアプリ「LINKDrive byGMO(リンクドライブ)」と自動車整備事業者向けのクラウド型スキャンツール「LINKPit byGMO(リンクピット)」を発表。 
 「LINKDrive」は、気付きにくいオイルの汚れやバッテリーの劣化、タイヤの消耗など、車両コンディションを自動解析し、その状態を「見える化」することができるアプリ。また、アプリを通じて車の遠隔診断も可能であり、自動車の不調を未然に防ぐ「予防整備」の面でも期待が大きい。
 「LINKPit」は車両整備に欠かせない一連の診断をタブレット端末向けアプリで実施できる。また、「LINKDrive」と連携し、インターネットを介した遠隔診断も実現しており、整備工場が生き残る手段として期待が寄せられている。

 「LINKPit」は、ジョイカルジャパン(東京都品川区:中村靖弘社長)が総販売代理店として年内に1000台の販売を目指す。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

新製品関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること