「JU埼玉商組40周年記念AA」を開催 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)9月23日 [日曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

「JU埼玉商組40周年記念AA」を開催

オークション 2017年09月06日
本開催より最新映像システムを導入
会社名:JU埼玉オートオークション
全国から多数の来賓が駆けつけた

全国から多数の来賓が駆けつけた

複数画像有

拡大拡大する

 JU埼玉オートオークション(さいたま市岩槻区・鷹林康裕社長)は9月5日、「JU埼玉商組40周年記念AA」を開催した。当日の出品は3500台、成約数2314台、成約率66.1%、成約単価51万3000円と、40周年に相応しい好結果となった。コーナー別では、今開催より軽自動車コーナーをセリ順の先頭に配置、活況な応札で高成約となった。

 開催の挨拶に立った鷹林社長は、多数の出品と来場に感謝の意を述べるとともに「本日のオークションは3300台の目標を掲げたが、それを上回る3500台を確保できた。新規出品車両も多数出品いただいているので、活発なコールをお願いしたい」と力強く呼びかけた。

 続いて薄辰美理事長は「JU埼玉組合9支部全てが目標を達成して1300台以上の出品をいただけた。組合と株式会社が協力して40周年となったオークションを盛り上げていただきたい」と述べ、次いで、来賓代表として、JU中販連海津博会長、JU中販連澤田稔名誉会長、JU中販連問谷功三流通担当副会長が祝辞を述べた。

 セレモニー終了後の記者会見で鷹林社長は「創立以来、公平な市場として厳正な検査体制に力を入れているが、本オークションより、最新の映像システムを導入し、前方ルーフ動画、両サイド動画、内装360度静止画像をネットから確認できるようにした。出品車両の情報開示の幅を広げたことにより、出品店にとっては成約率向上に、落札店にとっては、より安心して買うことができるようになった。今後もこうした活動には積極的に取り組んでいきたい」と語った。

 JU埼玉は、7月からスタートしたJUサマークレジットキャンペーンにおいても「取扱件数」で全国首位、2位以下を大きく引き離した。「取扱高」についても前回3位から2位と順位を上げ、埼玉の底力を見せつけた。

AA会場 JU埼玉オートオークション 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ オデッセイ / RB3,4 前月比:122% 平均落札:677千円
  • トヨタ プリウスPHV / 30系 前月比:114% 平均落札:1,049千円
  • 日産 ノート / E12系 前月比:112% 平均落札:646千円
  • ホンダ フリードスパイク / GB3,4 前月比:112% 平均落札:732千円
  • トヨタ ハイラックスサーフ / 210系 前月比:112% 平均落札:1,004千円

ホンダ オデッセイ / RB3,4
ホンダ オデッセイ / RB3,4

急落車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:77% 平均落札:517千円
  • スズキ ソリオ / MA05系 前月比:92% 平均落札:509千円
  • マツダ アテンザセダン / GJ系 前月比:92% 平均落札:1,243千円
  • スズキ ワゴンR / MH35,55系 前月比:92% 平均落札:885千円
  • マツダ プレマシー / CW系 前月比:93% 平均落札:548千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系