新型「アウディR8スパイダー」の販売を開始 - グーネット自動車流通

2019年11月18日 [月曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

新型「アウディR8スパイダー」の販売を開始

新製品 2017年06月08日
ソフトトップは時速50km以下なら走行中も約20秒で開閉可能
会社名:アウディジャパン
新型「アウディR8スパイダー」

新型「アウディR8スパイダー」

複数画像有

拡大拡大する

 アウディジャパン(東京都品川区・斎藤徹社長)は6月6日から、全国のアウディ・スポーツ店26店舗で「アウディR8スパイダー」の販売を開始した。今年3月28日にフルモデルチェンジを発表したフラッグシップスポーツモデル「アウディR8」のオープントップモデルで、ソフトトップは時速50キロメートル以下であれば、走行中でも約20秒で開閉可能だという。

 アウディR8スパイダーは2010年に第1世代が発売された。今回発売した第2世代は、持ち前の卓説したダイナミックパフォーマンスに加え、スーパースポーツカーの常識を覆す快適性を手に入れ進化を遂げた。3月発売のクーペと同様に、ボディサイドのエアインテーク部にサイドブレードを装着することで、ミッドシップスポーツであることをアピールするスタイリング。フロントには左右37個ずつのLEDを備えたLEDマトリックスヘッドライトを標準装備。LEDリアコンビネーションライトの間にハニカムグリルを装着することで、クーペとは異なる表情を演出する。

 フレームはアルミニウムとカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)を採用した新世代フレームを採用することで、ねじれ剛性を先代モデル比で50%の改善を図ったという。

 油圧電動式ソフトトップは遮音性に優れたクロス性で、フレームにはアルミニウムと鋳造マグネシウムを採用、トップコンパートメントカバーはCFRP製。重量がわずか44キログラムで軽量化と低重心化に貢献する。開閉に要する時間は約20秒、時速50キロメートル以下であれば、走行中の開閉が可能。

 パワートレーンは、最高出力540PSを発揮する高回転型の5.2リットルV型10気筒DOHCエンジンと7速Sトロニックトランスミッションの組み合わせで、新開発のquattroフルタイム4WDシステムへと動力を伝達する。低負荷時にはエンジンの片バンクを休止させる「シリンダーオンデマンド」を採用するなど、高い燃費性能も実現する。

 製造はアウディAGのネッカーズルム工場近くに新設されたベーリンガーホフ専用工場で手作りされる。
 車両本体価格は2618万円(税込)。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

新製品関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること