NASVA、初の「予防安全性能アセスメント」を実施 - グーネット自動車流通

2021年4月15日 [木曜日] 赤口 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

NASVA、初の「予防安全性能アセスメント」を実施

板金 2014年11月05日
レクサスLS、日産スカイライン、スバル・レヴォーグ/WRXが40点満点を獲得
会社名:自動車事故対策機構(NASVA)
けん引されたターゲットへの追突回避を公開デモ試験で実施

けん引されたターゲットへの追突回避を公開デモ試験で実施

複数画像有

拡大拡大する

 自動車事故対策機構(NASVA)はこのほど、2014年度前期の予防安全性能アセスメントを実施。10月23日に試験結果を発表するとともに、日本自動車研究所(JARI、茨城県つくば市)で公開デモ試験を開催した。

 今回が初の実施となる予防安全性能アセスメントでは、前方車両に対する被害軽減ブレーキおよび車線はみだし警報の性能をテスト。前者では、停止および20km/hで走行する模擬車両(ターゲット)の後方に試験車を10~60km/hの5km/h刻みで接近させ、被害軽減ブレーキによる衝突時の速度低減率を計測し、衝突を回避した場合は当該速度域に配点された満点が与えられる。割り当て点数は32点。

 後者では、試験車を60または70km/hで走行させ、車線から逸脱しそうになった際または逸脱した後、一定の範囲内で警報が作動するかをテスト。より低い速度から警報した車両に高い得点が与えられる。割り当て点数は8点。

 総計40点満点で評価され、合計点が2点以上の車両はJNCAP「先進安全車(ASV)」、12点以上の車両には「先進安全車プラス(ASV+)」として認定される。

 2014年度前期の同アセスメントでは8メーカー27車種が評価され、レクサスLS、日産スカイライン、スバル・レヴォーグ/WRXが40点満点を獲得した。

 公開デモ試験前の記者会見で、国土交通省自動車局の和迩健二次長は、「交通事故死者数は近年減少傾向にあるが、2013年は4,373人と依然多い。そのため自動車アセスメントでは開始以来20年間、試験項目を徐々に充実させ、2014年度前期からは予防安全性能アセスメントを開始した。その間に自動車の安全性能は大幅に向上しており、今後も安全な自動車の普及・認知度向上に努めていきたい」と、自動車アセスメント実施・継続の意義を強調している。

 なお、予防安全性能アセスメントには今後、2015年度にアラウンドビューモニター、2016年度には歩行者に対する被害軽減ブレーキのテストが追加される予定。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

板金関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること