ZIP大阪/ヴィンテージコーナー開催 - グーネット自動車流通

2021年2月26日 [金曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

ZIP大阪/ヴィンテージコーナー開催

オークション 2014年07月04日
国内外の往年の名車が45台
会社名:ジップ
A型フォードロードスター(レプリカ)などユニークな車両も多数出品

A型フォードロードスター(レプリカ)などユニークな車両も多数出品

複数画像有

拡大拡大する

輸入車専門オートオークション(AA)を主催するジップ(神川薫社長、兵庫県西宮市)は7月3日、ZIP大阪で「第754回AA」を開催し、往年の名車を集めた「ヴィンテージコーナー」を展開した。国産、輸入車を問わず、年式不明を含む希少車を45台集め、同コーナーの成約率は47.7%に上った。
 
 国産車では1975年式の日産「スカイライン200GTX」(通称ケンメリ)、輸入車では72年式ジャガー「Eタイプクーペ」などに活発な応札があり、セリは盛り上がりを見せた。当日のAAは、出品台数300台を集荷、成約台数は209台に上り、69.7%の高成約率となった。

 神川社長は「ヴィンテージコーナーとしては、約半数が成約するなど、良いセリを展開することが出来た。厳しい市場環境だが、全体でも300台を超える出品台数を集めることができ、前年同期に比べても堅調な推移となった」と話した。

 同会場では、通常開催で300台前後、記念AAや「ヤナセコーナー」開催時は400~500台規模のAAを展開する。輸入車市場の好調なども背景としながら、出品台数は前年から引き続き高水準の推移を持続、成約率は60%台後半から70%台後半の高率を確保する。

 ヴィンテージコーナーは年3~4回の不定期開催。希少車を探す販売店が多数集まる。

ZIP大阪 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること