令和6年度事業計画決定・軽自動車の未来を支えるために - グーネット自動車流通

2024年7月21日 [日曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

令和6年度事業計画決定・軽自動車の未来を支えるために

企業・団体 2024年06月19日
「第59回定時総会」を開催
会社名:全国軽自動車協会連合会
総会後の懇親会であいさつする赤間会長

総会後の懇親会であいさつする赤間会長

複数画像有

拡大拡大する

 全国軽自動車協会連合会(全軽自協)は6月17日、都内のホテルニューオータニで「第59回定時総会」を開催した。令和5年度事業報告及び令和6年度事業計画案などを上程、承認決議された。

 令和6年度の事業計画では、最重点施策として、軽自動車制度・関係税制の維持、全軽自協の組織体制の強化、情報提供事業収入を確実に維持するための取組の推進、軽自動車OSS(新車新規)導入への着実な対応、流通改善対策の推進を掲げた。

 重点施策としては、事務所における軽自動車検査申請等代行事業の取組と拡大推進、小規模事務所支援制度の見直し・活用推進、軽自動車理解促進の推進、など7つの施策を掲げた。

 総会後懇親会で、赤間会長は「昨年度は車検証の電子化や新車新規OSS申請の開始など、大きな変化がありました。軽自動車の新車販売台数は前年から4%減少し、162万5481台となりました。今年度は型式認証不正が公表されています。軽自動車は地方での重要な移動手段で、低炭素化社会に貢献するカテゴリーです。連合会は法令違反を受け止め、コンプライアンスの徹底と信頼回復に努めます。また、軽自動車の役割を広報し、普及を促進します。税制改正要望は関係省庁や業界団体と連携して取り組んでいます。車検証の電子化や流通確認業務のシステム化にも対応し、2025年7月から新サービスを開始予定です。国交省のOSS利用率40%目標達成に向け、協会会員の拡充に努めます」と挨拶した。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること