株式化18周年は新規出品車比率が76.3% - グーネット自動車流通

2024年7月13日 [土曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

株式化18周年は新規出品車比率が76.3%

オークション 2023年04月15日
1日から三桝部長、森次長が執行役員に就任
会社名:ベイオーク
森執行役員が感謝の言葉

森執行役員が感謝の言葉

複数画像有

拡大拡大する

 ベイオーク(大阪市住之江区、塩原淳平社長)は4月12日、「株式化18周年大記念AA」を開催した。出品台数は1845台に上った。このうち新規出品車の比率は76.3%に上るなど、高鮮度の良質車が多く集まった。成約台数1120台、成約率60.7%、1台当たり成約単価69万9000円という好実績で大記念AAは盛り上がった。

 セリ開始前のセレモニーでは、4月1日付で昇格した森好二郎執行役員があいさつに立ち「1978年にAAをスタートしたベイオークは、2005年にAA運営を株式化し、会員の皆様のおかげで、今日までAAを継続開催することができました。今後もわれわれベイオークは、皆様に必要とされるAA会場を目指してまいります」と感謝の言葉を述べた。

 ベイオークでは2月15日開催「開場45周年大記念AA」で2000台を超える出品台数を集めるなど、1~3月期の1開催あたり出品台数は1374台に上った。前年同期実績の1208台を大きく上回る水準で、出品台数のボリュームアップが着実に図られている。今回の大記念AAでも8割に迫るなど、新規出品車の多さが最大の特徴で、高鮮度の良質小売りダマを中古車市場に供給する存在だ。

 当日は、屋台出店や輸入タイヤ・ホイールのオートウェイによる特価販売会、占いコーナーの設置などで会員を楽しませた。また、18周年の記念品として「育てるタオル」を来場会員にプレゼントした。出品と落札による台数賞も用意、活気溢れる大記念AA開催だった。

 同社は4月1日付で、三桝暎子部長と森好二郎次長の執行役員への昇格を実施し、経営体制の強化を図った。

ベイオーク 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること