ロールス・ロイス「ファントム」など高額出品車に強い応札 - グーネット自動車流通

2022年9月26日 [月曜日] 先負 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

ロールス・ロイス「ファントム」など高額出品車に強い応札

オークション 2022年09月07日
「ヴィンテージカーコーナー」特設し活気溢れるセリを展開
会社名:ZIP大阪
多くのヴィンテージカーが集まった

多くのヴィンテージカーが集まった

複数画像有

拡大拡大する

 ZIP大阪(神戸市中央区、堀正隆社長)は9月1日開催のオートオークション(AA)で「ヴィンテージコーナー」を特設した。全体では出品台数362台を集め、このうち207台を成約し、成約率は57.2%だった。同コーナーには初度登録が2002年以前の希少車119台が集まり、愛好家を楽しませた。

 堀社長は「10月1日には東京会場でもヴィンテージカーコーナー開催を予定している。本日の大阪会場には『ヤングクラシック』(現在から約20~30年前に販売されたモデル)と言われるモデルを中心に、多くのクラシックカーが集まった」(堀社長)と話すように、2002年以前のモデル、とりわけ80~90年代のモデルなどが多く出品された。

 84年初度登録のロールス・ロイス「ファントムⅥ」が2000万円で成約するなど、今回の同コーナーでは、高額車への引き合いが特に強かった。前田里絵会場長は「6月に開催時とは応札の傾向も変化した。とりわけ高額車への強い応札が際立ち、問い合わせも多かった」という。

 同会場では定期開催する同コーナーを楽しみにしている会員も多い。ヴィンテージカー専門店など、応札する会員層も違うことから、通常開催と違った応札が入る。

 今後の会場運営について堀社長は「コロナ禍で1社あたりの出品台数は減少しているが、軒数の増加に注力している。ヤナセ以外のメルセデス・ベンツ正規ディーラーからの出品増にも注力しているが、こうした輸入車ディーラー各社の買取り、下取り車を中心とした国産車のボリューム増にも対応したい。『輸入車』を大事にしながらも、良質な『国産車』の部分でも特色を発揮してきたい」と話す。

ZIP大阪 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること