【連載企画】File43中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント? - グーネット自動車流通

2021年10月17日 [日曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【連載企画】File43中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント?

コラム 2021年09月25日
カーポートの耐用年数は短縮できるってウソ?ホント?
会社名:自動車業界特化型税理士 酒井将人

 自動車販売店の経営者や実務担当者が抱く経営・経理・税金に関する様々な疑問について、自動車業界専門の税理士が解説します。

【2つの耐用年数】
 中古車販売店の実務において避けて通ることのできない「減価償却」に関する処理ですが、耐用年数を何年にするかについて頭を悩ませたことがある方も多いと思います。この耐用年数は大別すると2つの種類があり、1つはメーカーが定めた耐用年数で、交換や買い替えの目安となる年数です。そして、もう1つが「法定耐用年数」と呼ばれる国税庁が定めた耐用年数で、決算・申告業務で減価償却を行う際に採用する年数です。

【耐用年数表】
 減価償却資産を取得し、その資産の法定耐用年数を決める際には「耐用年数表」の項目を見ながら、該当するものを探すこととなります。しかし、この耐用年数表というのがクセ者で、ドンピシャで該当する項目なんて殆ど見つからないのが実状なのです。そこで、近しいものを探しながら耐用年数表と睨めっこを続けるのですが、最終的には「その他のもの」という項目に辿り着いてしまいます。

【カーポートの悲劇】
 中古車販売店では、洗車や軽作業、そして雨の日にお客様に落ち着いて商品車を見ていただくためのスペースとして、展示場の片隅に大きめのカーポートを設置することが多いと思います。それでは、このカーポートの法定耐用年数は何年になるのか、耐用年数表を見ていくと「構築物→金属造→その他のもの」と、やはり「その他のもの」に辿り着いてしまい、その法定耐用年数は何と「45年」となります。

【露天式立体駐車設備】
 カーポートの規模にもよりますが、耐用年数が45年というのは流石に実態との乖離が多きすぎます。このような場合には、税務署の確認を受けることにより、耐用年数表に記載されている項目の中から、構造・用途と使用状況が類似している項目の耐用年数を適用することができます。具体的には、耐用年数表の「構築物→金属造→露天式立体駐車設備」の「15年」の適用が認められます。なお、税務署の確認は事前に受けることが望ましいですが、税務調査のときであっても認められるケースもあるため、詳細は顧問税理士にご確認下さい。

【筆者紹介】
税理士 酒井将人。
自動車業界特化型税理士事務所OFFICE M.N GARAGE代表。
自動車販売店などの経営サポートや業務改善に注力する傍ら、自動車業界活性化のための活動を行う。著書に『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A(セルバ出版)』など。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

コラム関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること