画像認識AIによるトラックのボディータイプ検索を開発 - グーネット自動車流通

2021年6月21日 [月曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

画像認識AIによるトラックのボディータイプ検索を開発

企業・団体 2021年05月25日
10種類のボディータイプに集約し検索性を大幅に向上
会社名:アイオーク
タイプ別トラック検索画面

タイプ別トラック検索画面

複数画像有

拡大拡大する

 アイオーク(東京都千代田区、湯川正社長)は画像認識AIによるボディータイプで探せるトラック検索を開発。4月15日からサービス提供を開始し既に好評を博している。

 画像認識AIは出品車画像を瞬時に判断し、10種類のボディータイプに分類。ウイング、バンや冷蔵冷凍車のように一見、同形に見える出品車画像においてもボディータイプの判別を可能にした。
また、ボディータイプ検索はトラック専門オークションだけではなく、アイオークが接続する全会場で利用できる。

 画像認識AIのボディータイプ認識率は95%と高く、誤認は背景画像等によるものがほとんどであり、人が判断するのと同等の認識率まで改善が進んでいる。

 画像認識AIの開発に取り組んだオークネット・アイビーエスの黒柳為之取締役は「グループ会社のトラック共有在庫から画像認識の可能性を研究してきた。何度も画像を読み込み、繰り返してAIの学習度を高めてきた。ディープラーニングを重ねるとAIはデザインを認識し、写真角度が異なる内容でも判断できるようになる」とAIの可能性を話した。

 商品流通企画室中山安宏室長は「トラックは型式からボディータイプの判別が難しく、多くの会員様から『ボディータイプ検索』のご要望をいただいていた。アイオークはこの声を真摯に受け止め、2019年1月よりトラック検索最適化の実現に向け、画像認識AIの検証をスタートし、このたび完成に至った。特に注力したのは、ボディータイプ検索画面のわかりやすさ。求めるボディータイプの車両を探しやすくすることで会員様の機会損失の軽減にも繋がると考えている」という。

 営業部竹下学部長は「営業現場にはトラック検索が良いという会員様の声が届いている。検索しやすいと会員様から喜びの声も聞いている」と既に反響があると話す。
中山室長は「今後も日々改善を重ね、会員様に便利と感じていただけるよう、AIツールなどの新しいツールも活用しながら、『探しやすさ』『買いやすさ』に繋がる改善を継続していく」と話した。

 画像認識AIを開発したオークネット・アイビーエスはボディータイプ判別以外に、ディープラーニングを活用した人物動画認識技術で、動画に映る複数の人物をトラッキングしてモザイク処理を施す「LiⅴeMasq(ライブマスク)」を開発した。

 4月1日よりiOS向けにサービスの提供を開始しており、アプリケーションとして利用する。
主な機能は「リアルタイムモザイク」「特定人物への自動モザイク」「マスク姿への自動モザイク」と「顔識別サービス」がある。

 「リアルタイムモザイク」は撮影しながらの自動モザイク、撮影済み動画(静止画)への自動モザイクを可能とした。

 既に「LiⅴeMasq」を導入している事例もあり、医療現場で映り込む患者の顔にモザイク処理などに利用されている。個人情報に関する扱いが厳しくなる環境において「LiⅴeMasq」はより利用される機会が増えていくと思われる。

アイオーク 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること