断水が続く大阪北部地区で飲料水1440リットルを会員に届ける - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)7月20日 [金曜日] 先勝 |  サイトマップ サイトマップ

断水が続く大阪北部地区で飲料水1440リットルを会員に届ける

オークション 2018年06月29日
大阪北部地震直後、いち早く現場に駆け付けるスピーディーな対応で会員支援
会社名:ベイオーク
被災地からの写真(会員らが撮影)

被災地からの写真(会員らが撮影)

複数画像有

拡大拡大する

 6月18日午前7時58分頃、大阪府北部地域を震源とするマグニチュード6.1の逆断層型地震が発生、高槻市などで震度6弱を記録した。大阪府下で震度6弱を記録するのは、気象庁の観測史上初めて。改めて自然の脅威を感じさせた。震源近くでは、自動車整備工場などで工場設備や車両の損壊などの被害が報告されるなど、1995年の阪神淡路大震災以降で最大の大地震が関西地区を襲った。

 こうした中、オートオークション(AA)会場のベイオーク(大阪市住之江区・塩原淳平社長)は6月18日、被災した大阪北摂地域の会員への訪問活動を展開し、飲料水1440リットルを配り、被災した会員を勇気づけた。

 同社は地震当日の18日から会員店への訪問活動を展開、幸いにも人命に関わる被害は報告されなかったものの、多くの会員店でガスと水道が止まり困っていることに気付いたという。これを受けて、高槻市と茨木市、吹田市、摂津市、枚方市、池田市の35社の会員向けに飲料水を手配した。

 地震直後の混乱の中、比較的地震の影響の少なかった和歌山県で、同社の活動に賛同するディスカウントショップの協力により、飲料水1440リットル分(2リットル×6本のケースを120ケース)確保することに成功し、営業スタッフ4人が各会員店に届けたという。

 今回の地震では、被害範囲は限定的で、たった数キロの違いで被災状況が大きく異なる状況だった。同社はこうした状況にいち早く対応、現場にすぐに駆け付けることで、被災地のニーズを的確に捉え、地震から3日後の21日には被災会員に対して飲料水を届けた。

AA会場 ベイオーク 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:116% 平均落札:629千円
  • ホンダ CR-V / RE3, 4 前月比:113% 平均落札:589千円
  • 日産 フェアレディZ / Z33系 前月比:112% 平均落札:540千円
  • 三菱 パジェロ / 80, 90系 前月比:111% 平均落札:1,514千円
  • スバル インプレッサXV / GP系 前月比:109% 平均落札:1,517千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系

急落車種TOP5

  • マツダ ビアンテ / CC系 前月比:87% 平均落札:571千円
  • ホンダ オデッセイ / RB3, 4系 前月比:88% 平均落札:619千円
  • トヨタ ランドクルーザー100 / 100系 前月比:89% 平均落札:1,323千円
  • トヨタ プレミオ / 260系 前月比:91% 平均落札:947千円
  • トヨタ ノア / 70系 前月比:92% 平均落札:694千円

マツダ ビアンテ / CC系
マツダ ビアンテ / CC系