衝突安全性能評価、最高得点はマツダCX8 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)6月24日 [日曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

衝突安全性能評価、最高得点はマツダCX8

企業・団体 2018年05月31日
平成29年度自動車アセスメント結果発表
会社名:国土交通省・自動車事故対策機構
CX-8開発担当のマツダ商品本部松岡英樹主査

CX-8開発担当のマツダ商品本部松岡英樹主査

複数画像有

拡大拡大する

 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)は東京国際フォーラムで5月31日、平成29年度に試験を実施した自動車の衝突安全技術や自動ブレーキ等の予防安全技術の安全性能評価結果等について発表会を行った。

 このアセスメントでは自動車等の安全性能の評価・公表を行うことによって、車に乗る人が安全な車選びをしやすいように、そして車を作るメーカーのより安全な車の開発を促進するために実施される。

 平成29年度の衝突安全性能評価は15車種で、最高ランクのファイブスターを獲得した車両は9車種。その中でも今回最高得点だったのはマツダCX-8.得点は193.9点だった。2位はマツダCX-5(187.3点)、3位はトヨタC-HR(185.8点)。軽自動車ではホンダN-BOXがファイブスターを獲得した(184.1点)。

 予防安全性能評価については、車線逸脱抑制装置の評価を新たに対象として加え20車種の結果が公表され、19 車種が最高評価である「ASV++」を獲得した。(日産「ノート」とマツダ「CX-8」は満点を獲得)





[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系