共有セリ機7周年記念AA開催 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)5月23日 [水曜日] 赤口 |  サイトマップ サイトマップ

共有セリ機7周年記念AA開催

オークション 2018年05月18日
昨年度全事業が好調に推移し過去最高益記録
会社名:JU茨城
挨拶に立つ堀江理事長

挨拶に立つ堀江理事長

複数画像有

拡大拡大する

 JU茨城(茨城県小美玉市・堀江知弘理事長)は5月16日、「共有セリ機7周年記念AA」を開催した。

 当日のセリは、出品目標850台を上回り、900台に迫る892台を集荷。成約は657台、成約率73.7%、平均成約単価17万1000円の好結果を収めた。また、当日はJUコーポレーション高谷昭彦社長、鈴木幸昭副社長をはじめ、企業系AA関係者も来場し同会に花を添えた。

 開催に先立ち挨拶に立った堀江理事長は「共有セリ機導入以降、外部からの応札が増え、セリも活気づいている。今後も皆様の商売に繋がる取り組みを行っていきたい」と述べた。続けて高谷社長、MIRIVE伊藤文彦社長が来賓を代表し祝辞を述べた。最後に長嶋和彦流通委員長が「新規出品車が730台。フレッシュなタマが揃っている。成約70%を目指したい」と意気込みを述べた。

 取材の場で堀江理事長は「昨年度のJU茨城は、全ての事業が順調に推移し、過去最高益を記録できた。中でもオークション事業は大幅な黒字となった」と語った。堀江理事長はかねてより「出品数にこだわると売らない車が増える。大事なのは持ってきてくれた車が売れること」と口にしており、好調なオークション事業の背景には、堀江理事長の考えが浸透してきたことが挙げられる。また、堀江理事長は、同オークションに出品店・落札店から注目を集めるために、良質の小売ダマを集める抜本的な改革も検討している。

AA会場 JU茨城 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系